本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポの営業支援で重視される1分間に用件を伝える事

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポの営業支援で重視される1分間に用件を伝える事

テレアポの営業支援で重視される1分間に用件を伝える事

テレアポと言えば、その企業の業績や評判を左右する一因と言っても過言ではありません。
その為、現在存在している営業支援ツールなどでも重要なポイントとして扱われる事は多々あります。
では、営業支援としてテレアポを考える場合、どういう点に注意する事が重要なのでしょうか。

まず一つは、長々と話をしないという事です。
人間の集中力は興味がある物が対象となっている場合はある程度の時間続きますが、興味が無い物、全く知らない物に対しては数秒から数十秒で自分にとって必要なものかどうかを判断してしまう事が少なくありません。
その為、テレアポを行う場合は長々と用件を伝えるのではなく、本当に伝えたい内容を長くても1分間、できればもっと短い時間にまとめてしまう事が重要です。
そうすれば話を聞いている人からも何が言いたいのか分からない、話が長すぎて嫌だと思われてしまう事が少なくなります。

営業支援ソフトなどではそういったテレアポの基本についてもしっかりとまとめてあるので、テレアポを行う上でとても重要なポイントを色々と知る事も可能です。
従って、スムーズな営業活動を行いたいと思ったら、営業支援ツールを活用する事はとても理に適っていると言えます。
また、営業支援ツールであれば、効果的にテレアポを行う為にリストアップする機能なども備わっているので、短時間に効率的に仕事を終える事も可能です。

確かに長く話す方が色々な事を言えるので、相手に対しては様々な情報を提供する事もできます。
しかし相手からの興味関心、という点から考えると、長電話をして相手の時間を拘束し続ける事は良くないので、できれば本当に伝えたい内容だけをまとめて、1分間で自分の話を終えて相手からの返答も得られる位にしておくとベストです。
電話先の相手によっては曖昧な返答をして嫌なのかどうかこちらとしては良く分からないような感じになってしまう場合もありますが、相手は自分たちの話を聞きたいと思っているのではなく、もしかしたら早く電話を切りたいのにと思っている可能性も否定できません。
長く話せばそれだけ宣伝できると言う訳ではないので、基本的には1分間、これを意識して話すようにしましょう。
また、一方的に話をするだけでだと相手からあまり良い印象を受けない場合もあるので、できれば相手の反応を見ながら、時折相手の意見を聞きながら行うと、より効果的にテレアポを行う事ができるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る