本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポを営業支援業者に一任してお客さんを会う気にさせる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポを営業支援業者に一任してお客さんを会う気にさせる

テレアポを営業支援業者に一任してお客さんを会う気にさせる

テレアポによってお客さんを会う気にさせるには、さまざまな要素が良い方向に組み合わさる必要があります。地道な努力はもちろんのこと、ときには先天的な能力さえも重要です。その全てをクリアするには社員の教育に多くの時間を割くことが大切になるため、手っ取り早い効果を期待したのであれば営業支援業者に協力を要請することは効果的です。

数多くの企業の営業支援を担っていることがほとんどなので、自社とライバル関係にある企業の商品と比較しながらテレアポを行う技術に長けています。営業支援を行うにあたっては、顧客となる企業の商品の特徴について開発担当者と同等もしくはそれ以上に理解している必要があります。そうしなければ、効果的な説明ができずお客さんを会う気にさせることができず、商談に持ち込めなくなり営業支援の顧客離れを招いてしまいます。そのため、ライバル企業の商品との優位性を強調できるというわけです。

商品知識を的確に説明できることがテレアポには大切である一方で、それだけでは願った通りの結果が期待できません。話し手の声の特徴や抑揚が聞き手にとって心地良いものでなければ、相手に不快感を覚えさせてしまいかねないからです。声の特徴は生まれ持った才能と言っても過言ではありませんから、自社内にテレアポの適任者が存在しないことが無きにしもあらずです。それを自覚しているなら、営業支援に頼りお客さんを会う気にさせる確率を高めることは経費の無駄使いではありません。

お客さんを会う気にさせるためには、相手のことを知り尽くした上でテレアポに臨むことも重要です。直近の財務状況などの情報を把握してから現状をより良くしてあげられる提案を行うことによって、営業を有利に進められるというわけです。そのための情報収集には時間がかかることが多いので、膨大な数の企業を相手にする際には上層部からゴーサインが下りない可能性が高いです。テレアポの営業支援業者であれば情報収集さえも代行してくれることが珍しくないので、時間の短縮に役立ちます。

テレアポの技術を徹底的に磨き上げなければ、営業支援業者は多くの利用者から支持されません。結果が全ての世界において営業支援の成約率が高くなければ、瞬く間に同業他社に仕事を取られてしまうからです。したがって、テレアポサービスを提供している営業支援業者はお客さんを会う気にさせるノウハウを蓄積していると判断することが妥当です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る