本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

テレアポイントの営業支援にアウトソースを使いましょう

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > テレアポイントの営業支援にアウトソースを使いましょう

テレアポイントの営業支援にアウトソースを使いましょう

営業の主な業務に、テレアポがあります。
営業活動をするには、既存顧客の深耕と新規顧客の開拓があるのはご存じかと思いますが、新規顧客への飛び込み訪問は効率が悪いこともあり、テレアポを行うことが先ず必要となります。
その新規顧客開拓の為のテレアポイントですが、テレアポするリストが必要です。
さらにすぐに電話しても訪問に結びつくとは限りませんので、営業支援という形でアウトソーシングに頼む企業が増えています。
これは、営業活動の中の訪問ヒアリングとクロージングに集中できる為、かなり効率がよいからです。
営業支援をアウトソースすることは、経費が掛かるのではと考えてしまいがちですが、効率の悪い営業活動を大勢の営業が続けることの方が、実は経費が余計に掛かっています。
営業支援は、社内の営業以外の社員がしても良いのではと考えがちですが、営業支援にアウトソースを使えば商材に適切なリストへアプローチしますので、効率が違うのです。
さらに、受け付けを突破することは意外に難しいことです。
目的の購入担当者へたどり着けないテレアポは無意味になってしまいます。
その為、営業支援のテレアポはアウトソースしてテレアポのプロに依頼することが、新規開拓の受注への近道です。
経費を圧縮して、営業がテレアポをしていることが、かえって経費の無駄に繋がっていることを知ってください。
営業支援は、プロにアウトソースすることが如何に効率的で経費の無駄を省くことであることが、おわかり頂けたかと思います。
大事な事をもう一度確認しますと、商材に合っているリストへのアプローチ及び購入担当者へのアポイント率の高さ、これをしっかりクリアするには、闇雲に電話するのでは時間ばかり浪費しているということです。
賢くアウトソースすることは、経費の削減に繋がり受注アップへ繋がります。
受注率が上がれば、営業のモチベーションアップにも繋がり良いことずくめです。
何が目的を考えましょう、リストに電話をすることが営業の仕事ではありません。
営業の目的は、商材を必要としている顧客の購入担当者へ効率よくアプローチして、商材が顧客の利益に繋がることをしっかりと理解して頂き、自社の適切な価格で購入してもらう事が営業の目的です。
電話することが、目的になるとリストはすぐに消費してしまい、途方に暮れることになります。
賢く営業支援を使って、売り上げを増やすことに集中することが、現代のビジネスのやり方です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る