本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ヒアリングで得た情報をSFAに反映し営業を効率化!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ヒアリングで得た情報をSFAに反映し営業を効率化!

ヒアリングで得た情報をSFAに反映し営業を効率化!

SFAとはSales Force Automationの略で、営業を支援する多機能システムのことです。
アメリカの科学的かつ自動的な営業という概念を取り入れて開発されたこのシステムはクラウド型で操作性も良く、初心者でもスムーズに使い方を覚えることができます。また、導入の際には特別な機材やソフトの購入は一切必要なく、インターネット環境と業務用のPCが一台あれば問題ありません。

SFAは極めて多機能です。営業の支援に必要だと思われる機能がSFAを導入するだけで使うことが可能です。
例えば書類作成機能がその一つです。
書類の作成は書類ごとにテンプレートを必要とし、場合によってはソフトの購入も必要になります。
しかしSFAを導入すればこれ一つで営業に必要な書類を簡単に作成することができます。
営業の書類は顧客に直接手渡すものが多いですので、見やすさや分かりやすさも重要です。
SFAがあれば見やすくかつ分かりやすい書類をさっと数値を記入するだけで作ることができるので、外回りに出る直前に顧客から幾つかの見積もりが必要である旨の連絡があっても外回りに支障なく、すぐに作成し顧客に渡すことができます。
契約の成立のためにはこうした書類の迅速性が重要になりますので、テンプレートやソフトに頭を悩ませることなく書類を作成できることも重要です。顧客から連絡があって一時間後に見積もりを出すのと次の日に出すのとでは契約成立のチャンスがかなり違って来るでしょう。
また、SFAには優れた顧客情報管理機能があります。
この機能は社内の誰かが顧客情報を記入すれば部署問わず、支店問わず、社員であれば誰でも参照することができます。
かつての顧客情報は紙媒体で管理していたり、それぞれの担当がそれぞれのPCで管理していました。
ですがシステムを利用することにより一元管理することができます。
また、顧客情報を共有することで営業の引き継ぎもスムーズにいきますし紙の束を処分するコストやスペースの問題を解決することができます。

この他に、顧客情報を利用することで商品企画にも生かすことができます。
営業が顧客にヒアリングを行い得た情報は会社にとっては貴重なものです。
ですが、情報の共有ができないと企画部門や製造部門は生の顧客の声を聞くためにアンケートを利用したりプロジェクトを行ったりしなければなりません。
しかし営業が顧客との商談の中で生の声を手に入れ直接システムに入力することにより普段は顧客とあまり接する機会のない部署も精度が高く非常に有用な情報を手に入れることができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る