本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ビル保守業が顧客リフォームの効率性を向上させる導入目的がSFAに存在

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ビル保守業が顧客リフォームの効率性を向上させる導入目的がSFAに存在

ビル保守業が顧客リフォームの効率性を向上させる導入目的がSFAに存在

ビル保守業が顧客リフォーム作業を行うときには、さまざまな施工状況の把握が重要視されます。顧客との取り決め事項を確実に実施したり、はたまた施工途中の状況を全社一丸となって把握するなどといったことです。それらの全ては何かしらの情報媒体によって管理されるのですが、統制が取れていないと現場が混乱してしまう要因となります。管理が煩雑なので、ベテラン従業員と言えども困難を強いられてしまうからです。そのため、効果的な手法を取り入れることが最重要課題です。

状況の理解で有効な方法としてビル保守業が好んでいるのは、SFAを導入することです。種々の状況理解に特化した機能がSFAにはあるので、ビル保守業にとっては業務効率を向上させられる効果的なツールというわけです。なお、SFAは単なるツールに過ぎませんから定期的に利用するように社員教育を施さなければ効果を実感できません。

施工状況の理解において認識の齟齬があると、過去に実施した施工を重ねて行うばかりではなく重要な作業が忘れられたまま完了を迎えてしまうことになってしまいます。顧客に迷惑をかけてしまうことはもちろんですが、企業全体の管理能力に苦言を呈されてしまい業界内での生き残りがかけられなくなりかねません。ですから、SFAを有効活用して現場の認識の齟齬を皆無にさせるように努めることが大切です。

ビル保守業が顧客リフォームの進捗率を理解することは、何よりも大切なことと位置づけられています。大切な顧客への対応の進み具合を全社的に把握しておかなければ、担当者以外の従業員が問い合わせを受けた際にしどろもどろになります。適切な返答ができない担当者が在籍しているビル保守業の企業に喜々として依頼しようとするクライアントは皆無に等しいので、何かしらの対処が求められます。もしもSFAを導入していれば、システムにアクセスした従業員全員が情報を共有できます。

ビル保守業のSFAの導入目的の中でも少なくないのは、協力してくれる企業の施工状況の把握を行うことです。クライアントから作業を依頼された企業が直接的に施工を行うことが原則的ですが、種々の都合によって協力してくれる会社に業務委託することは珍しくない業界です。作業開始前には詳細な内容を打ち合わせるのですが、それ以降は協力してくれる会社に一任されることがしばしばあります。途中経過を顧客から問い合わせられた場合でも対応できるように、SFAで状況把握することが必要です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る