本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ビル保守業でのSFA導入目的と保険請求について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ビル保守業でのSFA導入目的と保険請求について

ビル保守業でのSFA導入目的と保険請求について

SFAシステムの基本的な概念として抑えなくてはならない案件定義としていくつか挙げられますが、案件の進捗状況とそれに伴う業務内容の可視化を重要視する政策がビル保守業の導入目的として必要不可欠となります。
これは案件処理を進めていく上での各異常値発見からリカバリーまでの対応方法を具体的に導き出していくことから始まり、営業商談の各シチュエーションに応じた的確なアドバイスを推し進めていくことで個々の営業対応を徹底することが必要です。
その為にはビル保守業における全体的な生産性の改善していくことが必要不可欠であり、SFAシステムを強化・連携した上でのお客さま関係を強化していくことによる相乗効果によって企業収益率を高めていかなくてはなりません。
その目的に合致する営業内容については各営業担当が案件対応するお客さま毎に特化して、最適な提案内容を重視して結果だけに終始しない営業スタイルを目指していく必要があります。
その為の企業指針として挙げられる前提条件としてお客さま対応の絶対的なスピードアップの実現とSFA営業活動に基づく各案件進捗の最適化を旨としなければなりません。
ビル保守業におけるお客さま中心のワークフローによる設計を提案したり、全体的な標準化に基づく提案品質の向上をふまえて偏りのない訪問頻度を実現させるということも大変重要なプロセスとなるのです。
またビル保守業における見込案件は常に契約締結パーセンテージに基づいた数値の管理と、商談プロセスのオープン化を実践することによる透明さが必要であるのです。
前述した内容をSFAシステムを活用してデータ精度を上げる為に、個々のお客さま向けに作成・対応指針として連携している活動計画作成への積極的取組みを行っていくことです。
またリモート拠点と本社管理の直属営業部門の目的可視化を旨としたお客さま情報の一元化と案件対応を特化対応する対象部門との役割分担を明確化することがSFAシステム活用における絶対不可欠な課題解決へのプロセスとなるのです。
そしてアフターフォローとして挙げられる、リフォーム履歴の管理や施工状況の把握を瞬時に資料データから速やかに確認してスムーズに対応しなくてはならないのです。
ビル保守業という観点から必ず対峙する各種修理状況に応じて、破損部分の写真撮影から保険請求するまでの手順の簡略化や迅速な対応を案件毎に実践していくことが重要なのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る