本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ビル保守業のSFA導入目的とは何か?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ビル保守業のSFA導入目的とは何か?

ビル保守業のSFA導入目的とは何か?

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカ型の営業や理念をベースに生み出された総合的に営業を支援するためのシステムです。
支援が目的のシステムではありますが、SFAを使えば書類の作成やアポイントメントの管理、営業進捗の報告に仕様書の閲覧など必要な業務がほぼ全てできてしまうため、一つでメインとして色々な部署で活躍できるシステムです。また、インターネット回線と業務用PCがあれば運用が可能なためどこの部署でも手軽に使うことが可能です。
インターネットでよく使われているクラウド型を採用しているので、システムを使う際に難しいマニュアルを覚える必要もありません。普段スマートフォンを使っている人ならすぐに使い方を覚えてしまうことでしょう。
また、クラウド型としての情報と業務を共有できるという特性も備えていることから、離れている部署間でも協力や情報共有が可能です。例えば秋田支店で作った見積書を東京本社がすぐに共有することができますし、山形支店で作った仕様書を佐賀支店で瞬時に活用できます。業務の手が足りなければ顧客情報の入力などは神奈川支店と千葉支店が同時に行うことも可能です。
多数の機能がパッケージングされ、情報と業務を離れた部署や支店で共有できる、これがSFAの利点と最大の特徴でしょう。
上手く使えば業務を大幅に効率化できますし、それぞれの業種に特化させた使い方も可能です。

ビル保守業のSFA導入目的は離れた拠点間を上手くフォローするためと、サービス部門と営業部門が顧客情報の一元化を行うためです。
顧客情報は一昔前までは営業部門のブラックボックスでした。
営業それぞれがそれぞれの方法で情報を所有し、担当がいなければ商談の進捗や顧客の詳しい情報まで何も分からず、後日担当が出社したら連絡という形で保留することも少なくなかったのです。ですが、現代において、こうして担当がいないから、情報が引き出せないからと保留するということは顧客を逃がすことに繋がります。それはビル保守業も同じです。ライバル業種が多いわけですからチャンスはすぐに掴む必要があります。その点、顧客情報を部署間で共有できればサービスと営業に齟齬もなくなり、新規顧客の営業だけでなく既得意顧客へのサービス面や連絡面で素早く動くことができるわけです。
ビル保守業は特にフォローする顧客数が多いですし、保守するビルも点在しています。部署間で協力しなければ常日頃の業務からサービスまできちんとこなすのは難しいでしょう。
SFAを活用し、ビル保守業務を効率的にこなしているのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る