本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ビル保守業のSFA導入目的はどんなもの?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ビル保守業のSFA導入目的はどんなもの?

ビル保守業のSFA導入目的はどんなもの?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業方法や営業に対する思考を取り入れた営業を支援するためのシステムです。営業支援システムではありますが書類の作成から営業成績の分析、顧客情報の管理まで幅広く行えるので支援だけでなくメインとして活躍できるシステムでもあります。今まで多くのソフトに分散していたシステムが統合されたようなシステムと言えば分かりやすいでしょうか。支援と銘打たれていますがどの部署でも使い方によって仕事を大いに効率化することが可能です。
SFAはインターネットでお馴染みのクラウド型システムですので、分厚いマニュアルを読み込み少しずつ覚える必要はなく、スマートフォンを操作できる人ならばすぐに覚えることができます。導入に際しては特別な機材やソフトも必要ないためお手軽で操作性の良いシステムと言えるでしょう。そのわりに多機能であるため経済的とも言えます。
クラウド型システムの離れた場所同士で情報共有できるという特性も備えているため、こうしたお手軽で多彩な機能を使って作られた書類や資料、顧客情報は長崎支店と岩手支店という離れた支店同士であっても瞬時に共有することができます。
このクラウド型の特性も大いにメリットがあると言えるでしょう。
特性単品でも業務には有用ですが、機能と合わせて使うことにより数倍も数十倍も業務が効率化されることでしょう。

SFAの機能を全般的に使うことでも業務は効率化されますが、自社の業種や業務の弱点などを踏まえた上で特定の機能だけを使うことも可能です。SFAは一つの機能を使うために他の機能も起動しなければならないなどという制約はないため、自社に合った機能を取捨選択するのも賢い使い方の一つです。
例えばビル保守業でも同じような使い方がなされています。
ビル保守業は顧客の物件を管理することが業務の一つですが、その数は膨大であり保守点検の時期を管理することも簡単ではありません。ですからSFAの顧客管理機能を賢く使い、ビル保守業に特有の使い方をすれば良いでしょう。書類の作成機能などは今までソフトやテンプレートで使いやすいものがあれば特に使わずにおくことも一つの手ですし、事実、そのような形でSFAを運用している企業もあります。
ビル保守業の場合、顧客情報管理機能だけを特に重点的に使い、保守点検や故障頻度の把握まで行うことがSFAの導入目的の一つと言えます。
営業が書き込んだ情報に物件情報をプラスして保守点検の時期を記入しカテゴリ分けすることで一目で分かりますし、また、物件ごとの故障頻度を可視化することで注意しなければならない物件もすぐに確認できるようになります。
これも非常に賢い使い方と言えるでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る