本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

ビル保守業は保険請求の迅速を導入目的にSFAの良さを実感できる

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > ビル保守業は保険請求の迅速を導入目的にSFAの良さを実感できる

ビル保守業は保険請求の迅速を導入目的にSFAの良さを実感できる

顧客からの保険請求に迅速な対応ができるかどうかが繁盛の分かれ道となるビル保守業は、率先してSFAを導入しています。ビル保守業は施工の完成度のみならず対応の迅速さが伴っていないと顧客から感謝されないので、利用できるものなら何でも取り入れるスタンスで活動することが大事です。そんな導入目的でSFAを利用始めてみた際には、どの企業にも該当する優れた利用上の特徴を実感することができます。全ては対応の迅速さにつながり、とりわけ保険請求業務がスムーズに進みます。

ビル保守業は施工中に顧客から保険請求が行われることも多く、その際には可能な限り早く処理しなければなりません。顧客が保証金をもらわなければならない事象が発生したと考えるのが妥当であり、往々にして急いで業務にあたることが求められています。悠長に構えて遂行を先延ばしにしてしまうと、ビル保守業として素晴らしくないと顧客から評価されて継続依頼を受けられなくなります。そのようなことがあると経営難に陥るため、SFAによって素早い業務遂行を実現させる必要があります。

保険請求を受けたビル保守業は、SFAを介し事実を関連各所との間で情報共有します。請求内容が妥当であるか否かを上長が判断し、SFA内で承認および非承認の判断を下します。承認されたのなら保証金を支払う業者に連絡をし、顧客の望みがかなえられるというわけです。この一連の流れはSFAを導入しているからこそ現実のものになり、他の方法では同様に業務が進まないことがしばしばあります。

仮にSFAを導入しておらず保険請求を受けたビル保守業は、担当者が縦横無尽に奔走しなければならなくなります。請求書類を直接的に持ち込んで上長と相談し、最終判断を下す必要があるからです。このときには、従業員二人分の人件費が無駄になってしまいます。本来なら上長だけが書類に目を通して判断することが求められますが、根拠となる情報を持っているのは現場で働く担当者です。自然的に小規模な会議が開かれるのと同義になり、結果として二人の従業員が時間的に拘束されます。

ビル保守業の各種業務で必要となる基幹的な心構えは、どのようにして迅速な対応ができるのかということです。担当者が目まぐるしく動きまわる方式ではいろいろな面でロスが大きく、人件費の無駄が生じてしまいます。この問題を解消するために、ビル保守業はSFAを導入していると言ってもいいほどです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る