本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

フォローをしてくれる推進担当者が居ないSFAの失敗例

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > フォローをしてくれる推進担当者が居ないSFAの失敗例

フォローをしてくれる推進担当者が居ないSFAの失敗例

SFAは、営業支援システムであり、営業で役立つツールを色々導入する事が出来ます。
近年では、SFAは、クラウドシステムを導入して運営されていますので、営業担当者が持つ端末にアプリケーションをインストールする手間を省く事が可能になってきています。
SFAを導入する時には、どの製品を使うのかを考えておく事が大切です。
多くの企業がサービスを提供していますので、製品選びの選択肢は多いです。

SFAで提供される機能としては、顧客情報の管理・保存・編集機能、スケジュール管理機能、データ分析機能などがあります。
これらの機能を使う事によって、営業担当者は迅速に商談の結果や進捗を報告する事ができ、チーム内で現在進行中のプロジェクトの進み具合を把握する事が出来ます。
グラフなどで可視化を図っておけば、顧客毎に必要なデータを管理出来ますので便利です。

SFAは、営業活動を効率的に行う為に便利なシステムですが、失敗例もあります。
代表的な失敗例としては、フォローをしてくれる推進担当者が居ないというものです。
推進担当者が居ない事で、SFAを最大限に活かして使っていくといった事が出来なくなってしまいます。
失敗例のようにならない為には、SFAに関して詳しく知っている人を用意しておく事が大切です。

他にも失敗例としては、営業担当者が十分にツールを使いこなせないといったものがあります。
営業支援をしてくれるツールには、グラフや図による視覚化を行うツール、スケジュール管理を行う為のツールなどがあります。
しかし、高機能になる事で操作が複雑になってしまったり、項目が増加し過ぎて機能が把握出来ないといった事が多々あります。
そのような時にフォローをしてくれる人材がいますと、基本的な使い方をマスターして、ツールを最大限に活用していく為の環境を構築していく事が出来ます。

営業支援ツールは、クラウドシステムとの相性が良いですので、クラウドタイプの営業支援システムを導入すれば、導入企業はコストを最小限に抑える事が出来るでしょう。
その為には、推進担当者を置くという事も重要であり、導入する製品の選別を行う人材として重宝します。
推進担当者選びは、企業でSFAを浸透させる鍵になってきますので、適した人材を選ぶのが良いでしょう。

失敗例から学んで、営業活動の環境を整えていけば、より売り上げを向上させていく事が出来るようになります。
SFAを最適な環境で導入する事は大切です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る