本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

プロジェクトを成功に導くSFA導入型プロジェクトの進め方

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > プロジェクトを成功に導くSFA導入型プロジェクトの進め方

プロジェクトを成功に導くSFA導入型プロジェクトの進め方

プロジェクトを成功させたい場合は、全体を把握するプロジェクトの進め方が大切です。
SFAとは、プロジェクトを効率的に進める方法の一種で、営業の状況やチームの管理を行う支援のやり方です。
プロジェクト内で情報共有を行ったり、進捗を確認し合う事は常識ですが、更に進歩したプロジェクトの進め方がSFAといえます。
SFAはプロジェクト成功の鍵を握り、どこに注力する事で成功確率を高められるかがポイントです。

SFAを導入するだけでは、プロジェクトを成功させる事は出来ませんが、少なくても導入しなければプロジェクトは旧体制のままです。
また、SFAを学び現場に反映させる事もプロジェクト成功に関わるので、具体的なプロジェクトの進め方を知る事が欠かせません。
プロジェクトの進め方でSFAが行う事は、現状の把握を容易にしたり、注力して効率化出来る点を教える事です。
実際にプロジェクトを進めるのは、行動を行う営業担当なので、人を動き易くする事がSFAの本質になります。
営業における約束の不備は、顧客の信頼を損なってしまったり、積み上げたチャンスが一気に崩れる切っ掛けになります。

信用が厚い間柄であれば、多少のミスは許容される可能性が高くなるので、日頃から心掛けるプロジェクトの進め方が重要です。
相手から信用される事も、企業の顔となる営業に必要な仕事なので、相手との接点強化に注力出来るSFA心強い味方になります。
SFAの違った利用価値としては、顧客の詳細を管理出来る事、そして変動する属性情報を逐一更新して共有可能な点にあります。
基本的な顧客情報は、従来の方法でも管理は行えましたが、常に変化する情報には対応し切れていませんでした。

更には、様々な情報との関連を持たせられる事も、SFAが登場してから発展した一つの方法です。
営業全体に注力したい時は、闇雲に営業活動を行うのではなく、契約の可能性が高い顧客から進める事が必要です。
順番に優先順位を付ける事は必然なので、収集して分析した情報を元にして、現状で最適な営業活動を始める事が大切になります。
この方法の最大の特徴は、思い込みや経験則ではなく、ソフトウェアの力を借りて分析を行ったり、自動化を含めて効率を大幅アップ出来る事が長所です。

営業担当は、信頼の情報を元に仕事に注力出来るので、目の前の仕事に集中が行えますし、無駄のない的確な活動で結果を出せます。
これらの効果は、チームのメンバー全体が適用対象になるので、大幅な効率アップに期待する事が出来ます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る