本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

プロジェクト成功のためにSFAを活用する!

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > プロジェクト成功のためにSFAを活用する!

プロジェクト成功のためにSFAを活用する!

SFAとはSales Force Automationの略で、営業を支援する総合システムのことです。
SFAの機能は多く、営業成績や経営戦略を可視化できる他、顧客情報のデータベース化を行いインターネットとPCを通じて社内全てで共有できるなど、営業を効率化し成功させるために必要になる機能を多く備えています。
その機能の中には大きなプロジェクトを成功させる鍵も眠っています。
SFAは機能が多く使いこなせれば有用ですが、反対に機能が多過ぎて使いこなせず全てを絶対に利用しようとすると振り回されるきらいがあります。プロジェクトにおいても使う機能と使わない機能を取捨選択し、使う機能は徹底的に利用することが重要です。また、情報の共有もSFAで行うと決めたなら一元化し、情報を分散させないことも重要になるでしょう。

会社は会社を拡大し利益を上げるために営業を行いプロジェクトを立ち上げます。
プロジェクトには予算が組まれ利益と損失、経費を明確にするように求められることでしょう。
SFAには色々な機能がありますが、中には見積書を作成する機能もあります。
優れた顧客情報管理能力もありますので顧客情報を参照しながらすぐに見積書を作成することができます。
また、プロジェクトになると大人数が関わりますので、どのようなプロセスでどのような結果を出さなければならないかを明確にしておくことは重要です。
その点、SFAは仕事の段取りや目的、プロセスを可視化することもできますしそれをデータベース化してチーム全てで共有することもできます。
目的やプロセスを可視化、共有化していない場合は常に話し合いを行い進捗とプロセスの擦り合わせを行わなければなりません。
ですが機能を上手く利用することで疑問を解決することができる分プロジェクトの効率化に繋がります。
進捗を確認する上でも情報共有機能はなくてはならないものです。
進捗を可視化することで仕事の段取りも組みやすくなりますし共同作業もし易くなります。
これはプロジェクトにおいて大きなメリットでしょう。

他に、コストを大いに削減できるというメリットもあります。
プロジェクトではほとんどの場合予算が組まれます。予算内で目的を達成することを求められる他、コストを低く抑えることを探ることにもあるでしょう。
資料を紙媒体で作成した場合、各資料、証明書によっては保存年数が決まっている場合があります。
その場合はきっちりその年数紙媒体で保存する必要があるため非常にコストがかかります。
ですがデータベース化して共有すれば紙媒体として資料や証明書を保存する必要がないためコスト削減に繋がります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る