本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

会議資料作成時間の短縮こそが食品ラウンダーにおけるSFAの導入目的

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 会議資料作成時間の短縮こそが食品ラウンダーにおけるSFAの導入目的

会議資料作成時間の短縮こそが食品ラウンダーにおけるSFAの導入目的

組織の行動指針を明確化させるのために食品ラウンダー業が会議を開くことは、信条や性格などが異なる従業員同士の連帯感を高める効果も期待できます。参加者各々の立場から発言することによって意見の食い違いを解消させられるだけではなく、関連各所が伝えたいことを受け止めるきっかけにもなります。

会議を開いただけ組織にまとまりが生まれる一方で、食品ラウンダー業に特有の課題が克服することが求められます。食品ラウンダー業として必要不可欠なデータをまとめた、いわゆる会議資料の作成時間を減少させることです。さまざまな現場で得られた情報を集約させなければ、会議での有意義な話し合いが進むことはありません。しかしながら、膨大な情報をまとめ上げるには相応の労力が必要であり会議資料の作成時間を多く費やしてしまいがちです。

会議資料の作成時間を減少させることを導入目的として、SFAを利用する食品ラウンダー業は少なくありません。客先で発生した種々の情報を即時的にSFAへ登録すれば、自然的に会議資料作成に必要な材料が揃います。

まっさらな状態のシートに会議に必要な情報を挿入していく際には、議題に合致したものを取捨選択しなければなりません。格納場所が一定ではない情報の一つひとつを確認しながらの作業であれば、どんなに仕事能力が高い人でも時間がかかります。他方、日ごろからSFAに情報登録するように努めてる場合は結果が異なります。顧客ごとに重要情報が管理される仕組みが搭載されているので、会議に必要なものを抽出しようとした際にスムーズが作業が行えます。

情報同士を組み合わせるときにSFAを利用するのが効果的な理由は、探しものを例にすると理解しやすいです。とある部屋において特定の物を見つけ出したいときに、整理整頓されている場合とそうでない場合とで比較をすると所要時間の短さは前者に軍配が上がります。整理整頓されているということは、探しものの対象物がどこにあるのか見当がつきやすいです。それと同様のことはSFAにも言えるので、資料の作成時間が短くなるというわけです。

会議資料は全自動で作成できるわけではないので、作業量を減少させる努力を怠らないことが肝心です。その目的は、食品ラウンダー業にとって欠かせない情報を容易に整理整頓することに特化しているSFAを利用していれば達成させられます。情報検索の方法も種々用意されているSFAですから、作業者の負担が軽くなります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る