本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

個人営業での話し方は営業支援で学習

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 個人営業での話し方は営業支援で学習

個人営業での話し方は営業支援で学習

会社は利益を求めるという面ではどこも同じですが、扱っている商材がそれぞれ違い、それに伴ってターゲット層も違いが出てきます。
若い世代を対象としたおしゃれな商品もあれば年配向けの商品など様々です。
法人営業の場合もあれば個人営業の場合もあります。
営業活動を行なう上でこのような相手の違いにも着目して、営業マンは誰にでも同じ話し方をするわけではなく相手によって違った話し方を学ぶ必要があります。

こういった技術について教えてくれるのが営業支援のサポート会社です。
営業支援と言えば会社のコンサルティングの役割を果たすものですが、営業という肝の部分に関してもしっかり研修をしてくれます。
例えば、相手が年配の個人客であれば明るく元気な雰囲気と謙虚さが大切になります。
逆に若い人であれば格好良く話して興味を引くなどというテクニックを使うのもよいでしょう。
法人営業であれば誠実さや信頼度が重要になってきますから、ハキハキと賢い話し方をしていかなければ受け入れてもらえません。

さらにこれは営業職に限らず、テレアポなどのように電話で話す時にも言える事です。
テレアポは最初の印象を決めてしまう大切な部分ですし、相手の顔が見えないという意味ではよりいっそう話し方に注意が必要です。
また実際の商品営業を切りだすタイミングなどテンポのよさとバランスも考えなければならないので大変です。

このように相手の気持ちを考えて合わせて話をするのは大切であり話し方によって相手に与える印象は大きく変わってきます。
営業支援では基礎的な事や常識的な事ばかりを教えるのではなく、このように柔軟性を養う研修なども行なうケースがあります。
セミナー形式で話を聞かせたり、一対一の個人指導やロールプレイング方式で話し方を正したりというように人材の教育に力を入れているところが多く、人事面で役立てられます。
社内で研修をしている会社も多くありますが、営業支援は第三者の意見が取り入れられるので色々な面で役立つ事が多くあります。
自分の性格の問題は自分では気がつかないと言う事がよくありますが、これと同じように自社の問題点は自社では見つけられないパターンもあるわけです。
そういう場合に営業支援のサポートを受けてみれば気が付かなかった様々な問題点に気付いて対処も速くなります。
会社を成長させていくためのきっかけとなる可能性もある営業支援のシステムはこれからも需要をのばしていくでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る