本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

優秀なSI企業によるSFAの導入目的について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 優秀なSI企業によるSFAの導入目的について

優秀なSI企業によるSFAの導入目的について

最近では、SI企業の進出が活発化している傾向にあります。SI企業とは、顧客の業務内容を分析して、それに合わせた情報システムの企画・運用を行う企業のことを指します。この企業が増えたことにより、SFAもさらに進化していると言えます。

SFAとは、「Sales Force Automation」の略で、日本語では「営業支援」と訳されます。これは、アメリカでの営業の、在宅勤務システムが原型と言われています。会社に出社することなく、パソコンから営業活動を行って、そのままパソコン上で業務報告を会社にするというシステムです。

現在では、アメリカで作られたこのシステムにさまざまな要素が加わり、営業支援システムへと進化していきました。そこにSI企業も加わり、営業支援システムは進化していて、現在でも、新たに導入しようとする動きを見せる会社が多くあります。

SFAシステムの代表的な機能としては、営業プロセス管理機能の他にも、見積書・請求書作成機能、顧客のやり取り情報を閲覧することのできる機能、日報作成機能など、さまざまな便利な機能が備わっています。さらに、顧客情報を分析してさらなる営業につなげることができます。さらに、営業スタッフや営業所の行動管理を行うこともできます。それぞれの売上高や受注数や、アポイント数、訪問件数などを管理することも可能です。

SFAの導入目的としては、第一に、営業の生産性を上げることが挙げられます。便利な機能を駆使して、最終的に利益アップをねらうことができるのです。SFAには、営業のプロセスを可視化することができる機能あります。顧客のやり取り情報を管理することができるので、顧客ごとに適切な対応を考えることができるようになり、効率的になります。

また、顧客とのヒアリングやこちらからの提案、価格交渉のプロセスなど、さまざまな事案を可視化して管理することができるようになるので、さらなる受注する案件のアップが期待できます。管理職の人も、部下の活動状況を把握することができるので、適切な指示をすぐに出すことができるというメリットがあります。

営業において顧客を増やす時、顧客情報をきちんと管理しておくことが重要となってきます。SFAを利用することで、煩雑だった情報の管理がコンピューター上で簡単にできるので、担当者の負担も少なくなり、その分他の業務に力を入れることができるので、売り上げアップにつながると言えるでしょう。

SFAを積極的に導入することによって、効率的な営業をすることができます。また、優秀なSI企業が増えてきているため、これからのSFAの発展にも大きな期待が寄せられています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る