本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

先行他社の製品を研究する営業支援の子会社の設置

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 先行他社の製品を研究する営業支援の子会社の設置

先行他社の製品を研究する営業支援の子会社の設置

企業が製品を最初から作り上げるときには、データ収集などを行ったり開発に取り組んだりする必要があります。このような場合においては、多額の資金が必要となる他開発期間を確保することが求められます。そのようなときにおいては、先行他社の製品を研究するための営業支援の子会社を作るという手法が存在しています。

営業支援として先行他社の製品を買って研究をすることで、次のような利点を得ることができるようになります。製品を分解することによって、どのようなタイプの材料が使われていたりそして技術が使用されているのかを把握できます。その他にも、製品の機能からどのような目的を果たすために使われるのかを知ったりすることが可能となります。

先行他社の製品を調査する営業支援の子会社においては、営業部に対しても利益をもたらすことになります。製品を作るときにはニーズを探ったり、マーケティングを実施する必要があります。製品を調べることで、どのような人々をターゲットにしているのかを子会社を通じて知ることができるようになります。つまり、他社の思考や目的を把握できるためそこからヒントを得ることができるようになります。そのため、場合によっては必要な調査の時間や人員などを通常よりもカットできたりすることが期待できます。

先に製品を作った他社の製品を調べ、データをもとにしてヒントを入手したりして新たな物を作ることが図れます。そのようなときでは、通常ならば必要とされる大量のお金や長い研究期間や調査時間を減らしたりすることができます。すなわち、製品を製作するための全体のコストを下げることが実現するということです。

なお先行他社の製品を研究してそこからヒントを得て物を作るときには、確認する項目があります。その製品に特許などが使用されていないかどうかを調べたり、どの範囲ならば利用できるのかを考えることです。それと同時に、自社のオリジナリティを付与して同じ製品として被らないようにしていくのが良いです。加えて同じ製品にならないようにすることで、差別化を図ったりすることも期待できます。

営業支援の子会社を通じて、他社の製品から様々な情報を集めるということが可能となります。さらに、製品の利用目的とその背景などのデータに関しても把握することができるのです。そのため、営業支援の子会社は開発担当部署と営業部署を補佐する役割を持っていると指摘できるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る