本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

医療機器メーカーにおけるSFA導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 医療機器メーカーにおけるSFA導入目的とは?

医療機器メーカーにおけるSFA導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカ型の営業方法や営業理念をベースに生み出された営業支援システムのことです。
営業支援システムではありますが、今まで会社の各業務に必須でありかつ色々なソフトに散っていた機能を一つに統合したようなシステムで、書類の作成から業務進捗の管理、日報の報告にアポイントメントのチェック、顧客情報の整理までSFA一つで会社業務の基礎的なことが全てできてしまいます。ですから、支援システムでもあり、メインシステムともなれると言えるでしょう。
また、インターネットではお馴染みのクラウド型を採用していますので、遠く離れた支店や部署同士でも業務と情報を共有することが可能です。宮城支店で行っている顧客情報の入力を奈良支店が手伝うこともできますし、佐賀支店が作成した顧客への提案書を山形支店でシステム上から取得してすぐに使うことも可能です。操作も簡単で情報共有や業務の共有といっても難解な操作は必要ありません。普段スマートフォンを操作している社員であればすぐに使いこなすことでしょう。
導入の際は特別なソフトや機材の購入は必要なく、業務用PCが一台とインターネット回線があれば運用は可能です。極端な話、これらに顧客に手渡す書類を印刷するコピー機が一台と営業担当が一人いれば業務を回すことも可能です。
このSFAの機能や特性を把握し多数の機能を自社に合わせて取捨選択することで業種に特化した使い方も可能です。

医療機器メーカーのSFA導入目的は経営層がSFAの情報共有機能を使い現場情報を得ることです。
医療機器メーカーだけでなく、現場と経営、商品開発と営業は部署として分かれている場合が多いでしょう。
全てが一つの部署、一人の人によって回っていれば情報の共有は必要ないかもしれませんが、全て違う人と部署がそれぞれ担当している場合はやはり情報共有は必須です。
開発部門が顧客に対し「できます」と言っても、営業担当は見積もりを作成した結果「できません」と答える。そうすると顧客は混乱しますし、怒りも覚えるでしょう。場合によっては商談を打ち切るかもしれません。
しかし情報を共有することでそれぞれの部署の見解で商談を行うのではなく、協力して動くことが可能になります。
また、経営と現場が離れている場合は、経営層は現場から上がってくる報告書頼りで経営方針や商品の営業方針を固めなければならなくなります。ですがSFAを活用すれば営業が集めた情報を瞬時に参照し経営方針や営業方針作りの参考にできます。
医療機器メーカーの場合、顧客のメインは医療機関です。
営業が医療機関が医療機器メーカーへ要望や感想をヒアリングし情報としてシステム上に上げ、経営層は素早く情報を参照し商品に関する指針を定めて開発部門に指示を出す、これによって経営、営業、開発が一体となって動くことが可能になるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る