本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

医療機器メーカーのSFAの導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 医療機器メーカーのSFAの導入目的とは?

医療機器メーカーのSFAの導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略称で、アメリカ型の営業理念や営業方法をベースに生み出された営業支援システムです。
業務を効率化するため、主に支援のために作られたシステムではありますが、書類の作成から仕様書の閲覧、顧客情報の整理にアポイントメント管理、進捗の報告まで可能なため、営業のみならず事務や企画のメイン業務をほとんどこのシステム上でこなすことが可能です。今まで色々なソフトに分散されていた機能を一元化したようなシステムと言えば分かりやすいでしょう。
SFAはインターネットでお馴染みのクラウド型を採用しており、離れた場所同士でも業務と情報を共有できるという特性を備えています。例えば北海道支店で得た顧客情報をシステム上に置けば長崎支店でもその顧客情報を参照できますし、秋田支店で使った見積書を神奈川支店でも活用することが可能です。また、青森支店が行っている入力業務を京都支店が手伝うことも可能になります。
導入に際しては特にソフトや機材は必要ありません。SFAの一つの機能を使うのに他の機能を起動しなければならないということもなく、好きな機能を好きなだけ、取捨選択して使うことが可能です。
運用に際してはインターネット回線と業務用のPCが一台あればOKで、顧客に書類を渡す際に印刷するためのコピー機を一台とあとは営業担当を一人用意すれば業務自体を回すことも可能です。操作も簡単ですのでその担当が分厚いマニュアルを読む必要もなく、スマートフォンの操作ができれば問題なく操作することができます。
全般的に運用することによって全部署の業務が効率化しますが、それだけでなく、業種に合った使い方も可能です。

医療機器メーカーのSFA導入目的の一つは、営業部門と製造部門が製品の課題を共有することや商談で二つ以上の部署が足並みを揃えることです。
医療機器メーカーの場合、顧客への営業を担当する部門と商品を企画して製造する部門は離れていることがほとんどです。
ですから、営業に際し専門的な質問があった場合、営業担当だけだと仕様を説明しきれないことがあります。
また、専門的な説明が必要な商談でも製造部門だけで応対してしまうと見積もりや契約の面で営業部門と齟齬が出てしまいます。
SFAを活用すれば、こういった商談面で二つの部署が足並みを揃えることが可能です。
他に、製品の課題を共有することも可能です。これは医療機器メーカー以外でもとても重要なことです。
医療機器メーカーが既得意顧客にヒアリングを行った結果を営業担当が顧客情報に記入します。製品に対する苦情でもいいですし、もっとこういった物が欲しいという情報でも構いません。製造部門はシステム上でタイムラグなく情報を参考にすることができます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る