本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

医療機器メーカーのSFA導入目的とは何か?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 医療機器メーカーのSFA導入目的とは何か?

医療機器メーカーのSFA導入目的とは何か?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカの営業に対する思考や理念をベースに作られたシステムです。
システムはクラウド型で初心者もスムーズに覚え使用することができます。また、ソフトや機材、PCの追加などをする必要はありません。インターネット回線と業務用のPCが一台あれば運用可能ですので実に経済的です。
このSFAというシステムの魅力は何といっても営業支援能力の高さにあります。
今まで多くのソフトに分散されていた機能がSFAには全て備わっており、見積もりなどの営業に必須の書類作成から紙媒体だったり個別PCで担当ごとに苦心して管理していた顧客情報が一元管理できたり、通達や営業マニュアルなどの全ての情報が支店と部署を越えて共有できたりと、実際に触れてみればその機能の多さに驚かされることでしょう。
紙媒体で大量の情報をファイリングしたりする必要もなくなり、デスク周りが非常に効率的かつスマートになります。何せほとんどの機能をSFAだけで備えているわけですから、PCとインターネット回線、印刷機があればほとんどの業務がこなせてしまうのですから。
ですが、あまりに機能があり過ぎてもかえって使い方に迷うものです。
幾つかの機能に絞り目的を定めて使うことも重要になります。
目的は自社の扱う製品や営業方法によって定めればよいでしょう。

医療機器メーカーのSFAの導入目的は純粋に営業をスマート化さえ売上を伸ばすというだけでなくかなり明確に定めています。
それは優良顧客の囲い込みです。
医療機器メーカーは近年ライバル社が増加し、そのライバルは日本国内だけに留まりません。
SFAの顧客情報管理システムを用いて営業がヒアリングした顧客の生の声を商品に生かすだけでなく、どの顧客がどれだけの規模のものを購入する可能性があるかを判断することも重要になります。
例えば個人病院は大きなレントゲン機械を何台も必要とはしないでしょう。しかし大病院の場合は個人病院よりも多くの機械が必要になります。また、その病院が何科なのか、総合病院ならば何科と何科にある病院でそれぞれどれくらいの規模なのかを把握するのは医療機器メーカーにとって重要なことです。それぞれの規模により商談内容も変わってくるはずです。また、手渡す見積書や資料も変えざるを得ないでしょう。
医療機器メーカーにとってこれはとても重要なことです。
会社内の各部署で顧客情報を共有し合い、病院の規模、科ごとに分けて管理した上で協力して囲い込みを行いライバル各社に差をつける、これもSFAの立派な導入目的であり正しい使い方の一つなのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る