本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

医療機器メーカーのSFA導入目的について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 医療機器メーカーのSFA導入目的について

医療機器メーカーのSFA導入目的について

SFAは営業支援システムとして従来の営業方法を進化させるために取り入れられていることが多く、科学的で自動的な営業方法を導入することで営業成績を改善させるために日本の医療機器メーカーなどで積極的に利用されている概念で、今までのキーパーソンに依存していた営業手法から事務処理プロセスの自動化にシフトさせることが導入導入目的になっています。

事務処理を自動化させることで大企業の顧客管理システムが効率化されるので、それによって今まで個人に頼ってきた営業手法を効率的で確実なものにしているので、顧客管理データなどのデジタル情報化することによって、共有方法がわかりやすくなり事務処理にかかっていた費用を削減することができるので、医療機器メーカーなどがSFAを導入すると営業や事務のコストをカットすることができます。

SFAは営業日報機能などによる商談の進捗管理や顧客に関するデータベースを営業部門で共有することが多かったのですが、最近ではSFAに蓄積されたデータベースを分析することによって、マーケティングに活用することができるデータを収集できるようになっているので、医療機器メーカーなどではターゲットをしぼって効率的な営業活動が可能になっているので、様々な分野でSFAが活用されています。

近年では情報端末が普及したことによって急速にSFAの普及が進んでいて、営業担当者はそれぞれの情報端末を使用することで社内の顧客データベースを活用することができるようになっているの、迅速で確実な営業活動が行われるようになっています。また医療機器メーカーでは顧客に対する自社の製品の説明などにもSFAの情報を活用しています。

SFAは世界各国の情報インフラが整備されることで国内企業が世界進出することを容易にすることができるので、中小企業などでも積極的に導入をしているのですが、営業活動を根本的に改善することができるので、導入することによって企業収益が改善することができるので、企業価値にも大きな影響を及ぼしています。

現在では情報端末が小型化しているので、様々な場所で営業活動をすることができるので、SFAを利用することで外出時にデータベースを利用して遠隔地での営業活動に利用することができたり、新しい顧客を開拓するときに必要となる製品の情報などを迅速に収集することができるので、大企業だけでなく中小企業などでも最新のSFAシステムを導入しています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る