本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

印刷業のSFA導入目的とはどんなもの?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 印刷業のSFA導入目的とはどんなもの?

印刷業のSFA導入目的とはどんなもの?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業や業務方法をベースにして作られた営業支援システムです。
営業支援システムと銘打たれてはいますが、SFAは今まで種々のソフトに散っていた機能を一つに集約したようなシステムですので、SFAだけで顧客に渡す重要書類の作成から顧客情報整理、進捗の管理にアポイントメントのチェックまでと幅広い業務が可能です。支援が目的のシステムですが、営業だけでなく事務や企画といった他部門でも十分にメインとして活躍できるシステムと言えます。
インターネットでお馴染みのクラウド型を採用していますので、クラウド型の特性として離れた部署や支店で情報と業務を共有できるという特性も備えています。例えば北海道支店が顧客情報を参照している時に青森支店が顧客情報の整理をしても差し支えないですし、熊本支店が作成した見積書を岩手支店が確認することも可能です。また、京都支店の大きな商談に対し資料をシステム上で確認した東京本社の経営陣が指示出しすることもSFAを活用すれば簡単です。
運用に際しては機材やソフトの購入をし大掛かりな工事も必要なく、インターネット回線と業務用PCが一台あればすぐに業務可能です。極端な話、支援だけに留まらない機能の多いシステムですので、これらの他に顧客のために書類を印刷するコピー機が一台と営業担当が一人いれば営業部門の業務を回すことも不可能ではありません。
操作も簡単ですので営業担当がマニュアルを読み込む必要もなく、スマートフォンを愛用していればすぐに操作に慣れることでしょう。
この多機能で情報や業務を共有できるという特性を備えるSFAは、それぞれの業種に合った使い方をすることも可能です。

例えば印刷業の導入目的に帰社後の報告書作成を効率化するというものがあります。
印刷業はこと細かな数字とチェックが関わる業種です。
顧客から渡された印刷データをチェックしてページ数などを間違いの内容に入念にチェックし打ち合わせをしなければいけません。打ち合わせは部数が多くなればなるほど入念になります。また、電話やメールで伝えられるだけでなく営業先で数字などの細かい変更を伝えられることもあるでしょう。その場合、関連部署に伝えるだけでなく報告書としてもまとめる必要があります。
営業を行い、顧客の印刷データをチェックし、更に報告書を作成するとなると大変な手間です。業務を効率化する必要があります。SFAで報告書は簡単に作成できますし、作成と同時に上司が確認できます。
他、印刷業では申込書と顧客との営業で数字が異なるというミスの可能性もあります。印刷業において部数ミスやページ数ミスは致命的です。
そんな場合は顧客情報を参照し確認を取る必要がありますが、SFAなら顧客情報から過去の営業履歴、営業で得た情報まで一気に参照できますので見直しが短時間で済みます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る