本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

印刷業のSFA導入目的はどんなもの?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 印刷業のSFA導入目的はどんなもの?

印刷業のSFA導入目的はどんなもの?

SFAとはSales Force Automationの略で、アメリカ型の営業や理念をベースに生み出された総合的な営業支援システムです。
営業は書類の作成から顧客情報の管理、実際の顧客との応対と、とても幅広い仕事です。SFAはそんな営業業務を支援し効率化するべく、今まで多くのソフトに分散されていた機能を一つにパッケージングしたようなシステムです。
クラウド型のシステム故にインターネット上で馴染んでいる方が多く、業務で扱うことになってもすんなりと使いこなせるようになります。ITに苦手意識を持つ人でもスマートフォンを使用できるならシステムに慣れることは決して難しくありません。
また、導入に際しては特別な機材やソフトは必要なく、部署にインターネット環境が整っており業務用PCが一台でもあれば運用は可能です。

SFAは書類作成や顧客管理、分析といった多くの機能を備えています。
また、クラウド型システムの特性として最初からシステム上で部署や支店を越えてSFA上の情報を全て共有可能です。
クラウド型システムの特性を理解し社内のデータベースとして使用するだけでも業務をかなり円滑化できると言えます。
少なくとも資料を紙媒体で社員全員分印刷する手間は省けます。
ですが、SFAの価値はそれだけではありません。
例えば印刷業の導入目的の一つにクレームを全部署で共有し業務改善に役立てるというものがあります。
SFAでは顧客情報を全部署で共有することができます。
顧客情報は営業部門しか触れないということが決して少なくありません。
ですが外回りや既得意から仕事を受注する時にヒアリングを行いそれをSFA上に情報として置けば全部署で共有することができます。また、電話応対を担当する社員がお客さんからクレームを受け取った時に情報として記入すれば、それも共有が可能です。
では、印刷業で情報を共有して具体的にどうするのだという話ですが、この情報の共有が業務の効率化だけでなく業務そのものの改善にも繋がりますし、会社内において真っ先に何をすべきかという重要事を見定めるのにも役立ちます。
印刷業であれば、印刷を引き受けた冊子にインク染みが多いというクレームが入ったとします。クレームを受けた段階で情報を確認すると、先日も別のお客さんから同じようなクレームを受けていることが分かりました。
この場合、印刷機の故障や仕事上のミスの可能性がありますね。次にするべきことは決まりました。社員一丸となって原因を突き止め改善することです。
印刷業の具体例ではありますが、これは全業種で可能な使い方です。
SFAを上手く利用すれば業務の効率化だけでなく何を優先的にするべきか、社内でどんな問題が起きているのかも把握することができるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る