本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

印刷業のSFA導入目的は帰社後の作業の軽減だけではない

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 印刷業のSFA導入目的は帰社後の作業の軽減だけではない

印刷業のSFA導入目的は帰社後の作業の軽減だけではない

印刷業の仕事の仕方は昔に比べ大きく変化しています。昔は家庭や職場で綺麗な印刷を行うことはなかなか難しいため、印刷業は殆ど営業活動を行わなくても顧客が依頼をしてくることが多かったため、持ち込まれた仕事をこなすだけで十分な利益を上げることができるものでした。しかし近年はパソコンと家庭用プリンタの普及により、殆どの自宅や職場で簡単に文書を作成し、印刷することができる時代になっています。

さらにプリンタの高品質化が進んだことで、より印刷した物に近い、一般的な使用であれば十分に耐えうる文書が印刷できるようになり、このような文書の印刷を印刷業に依頼することが少なくなっています。その為印刷業に於いては、家庭や職場では印刷できない品質や、安さを追求して差別化を図ることが必要であり、またより多くの顧客を獲得するために重要な要件となっています。

その為現在の印刷業に於いては、広告宣伝及び営業活動が非常に重要になっています。顧客に自社の印刷の良さをアピールし、より多くの受注をとるためにはこの様な広告宣伝及び営業活動が必須であり、効率を挙げていくことが会社の利益向上につながるとして、戦略的にその活動を行い、効果的に情報を共有して行こうという会社が増えています。

そこで効果的なのが営業活動を中心に社内業務の情報共有と業務効率化を支援するSFAです。SFAでは商談情報のほか、顧客の特性などを統計的に分析することができ、顧客に適した商品を選択するための情報源となります。顧客がどの様な印刷を好むのか、またデザインはどのようなものを好む傾向が有るのかなどの情報を商談の結果を通して統計的に分析し次回の提案に活かすことで、より商談の成功率を上げることができるのです。

このような活動はSFAが無くても可能ですが、営業マンの本来の仕事は顧客アクセスであり、一つでも多くの顧客を訪問し商談機会を作りたいものです。しかしSFAが導入されていないと営業日報作成などの仕事に忙殺され、帰社後の作業が非常に煩雑になり作業効率が下がります。営業効率が下がると商談機会も減り、受注で出来る件数も比例して減るので悪循環になってしまいます。情報共有を目的とするだけでは社内の売り上げは向上しない、と言うことになるのです。

SFAを導入することで営業日報の作成を効率化し、効果的に情報共有を行えるようになることで顧客アクセス力が向上し、同時に商談効率も向上することになります。また帰社後の作業が減少することで営業のモチベーションが上り、より商談の内容も密度が高くなるという結果を生むことが多いものです。印刷業におけるSFAの導入目的は決して帰社後の作業の軽減だけではなく、様々な面での効率化を生み、営業成績の向上に繋がるものです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る