本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

卸売業のSFAの導入目的とは?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 卸売業のSFAの導入目的とは?

卸売業のSFAの導入目的とは?

SFAとはSales Force Automationの略称でアメリカ型の営業理念や営業方法をベースに構築された営業支援システムです。
営業支援と銘打たれてはいますが書類作成からコンプライアンス資料の作成、営業戦略の分析や顧客情報の管理などの機能があるため充分にメインとして使用できるシステムです。また、営業だけでなく事務や企画部門でも活用できるシステムと言えるでしょう。
今まで多くのソフトに分散していた機能を一つに統合したようなシステムと言えば分かりやすいでしょうか。
また、クラウド型システムですので当然に離れた場所同士で情報を共有することが可能です。長崎支店と宮城支店で同じ見積書を瞬時に参照することができますし、秋田支店と京都支店でメール添付の必要なく、システム上に置くだけで見積書をやり取りすることが可能です。
運用に際しては、クラウド型システムはインターネット上でお馴染みなのでスマートフォンでネットサーフィンの経験がある人ならすぐに使いこなすことができますし、分厚いマニュアルを読む必要もありません。ITに苦手意識を持つ人でも嬉しい仕様です。
導入するためにはインターネット環境が整っており業務用のpCが一台あれば事足りますので、経済的な意味でも嬉しいシステムと言えるでしょう。特別な機材の購入やソフトの導入も一切必要ありません。SFA運用環境に顧客に渡す書類を印刷するコピー機が一台と営業がいれば営業部門を回すことも可能です。

SFAは極めて多機能なシステムですが、その機能を全て使う必要もありません。
一つの機能を使うために他の機能を起動させる必要もないので、自社に欠けている部分だけを補うことも可能です。
自社の業種に合わせて特定の機能だけ選択して使うのも良いでしょう。
例えば卸売業では、顧客情報管理機能で営業だけでなく他部署の支援も行います。
卸売業の場合は、特に顧客情報管理機能に重点を置いて使えば業務をかなり効率化することができます。
また、卸売業のSFAの導入目的はSFAの顧客情報管理機能を使い商品別に顧客をカテゴリ分けして管理することや、どの顧客とどんな商談をしていて、自社の提案内容はどんなものなのかを部門を越えて閲覧化することでもあるのです。
これらは顧客情報管理機能を上手く活用することで可能です。
卸売業は取扱い商品が多いので、どの顧客とどんな商品を介して付き合いがあるのかを管理するのは重要なことです。
また、取扱い商品が多いだけに営業部門だけでなく他部署も積極的に営業をしていることも多いため、部署と部署が同じ見込み顧客に対し商談を持ちかけてしまう場合があります。
これは社内の摩擦という意味でも業務の無駄という意味でも回避したいところです。
SFAを活用し部署同士が顧客情報を共有すればこうした問題の回避は充分に可能なのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る