本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

卸売業のSFA導入目的とはどんなもの?

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 卸売業のSFA導入目的とはどんなもの?

卸売業のSFA導入目的とはどんなもの?

SFAとはSales Force Automationの略名で、アメリカ型の営業をベースに作られた営業支援システムのことです。
システムはインターネットでお馴染みのクラウド型ですのでPC操作が苦手な人も難しいマニュアルを読み込む必要はなく、スマートフォンを操作できればすぐに慣れることができます。
また、クラウド型システムの離れた場所、離れた人同士で情報を共有するという特性も兼ね備えていますので、今までメール添付で送っていた資料や書類を簡単にシステム上で共有可能です。北海道支店で作成した見積書を次の瞬間すぐ沖縄支店で参照することができます。
また、情報の共有だけでなく、今まで色々なソフトに分散していた機能の多くがSFA一つにパッケージングされているので、情報の共有だけでなく書類の作成や顧客情報の管理、営業戦略の分析なども可能です。また、これらを離れた支店や部署同士で共有することも可能です。
つまり、SFAは営業に必要な多くの機能を備えた情報共有システムであると捉えると分かりやすいでしょう。
SFAの導入に際しては特別な機械やソフトの購入は不要でPCの買い足しも必要ありません。
インターネット回線が整備されており業務用のPCが一台あれば顧客と応対する以外はほとんどの業務ができてしまいます。
極端な話、SFA環境があってコピー機が一台あれば営業部門を一人で回してしまうことさえできるのです。

SFAは極めて多機能ですが、その機能の全てを使う必要はありません。
機能一つから使えますので卸売業や建設業などのそれぞれの業種に合わせて取捨選択をすることも可能です。
卸売業のSFA導入目的は主に顧客と商品の管理にあります。
卸売業の場合は、顧客が膨大になることから顧客管理機能だけを特化させて使うことも多いです。
どの顧客が何日までにどの商品を必要とするか、何時アポイントがあるかなどをSFA上で一括管理すればもう紙媒体の顧客情報に付箋を貼る必要もありませんし、営業個人がスマートフォンで何度も確認の電話をかけつつメモをする必要もありません。
これは扱う商品が多い卸売業にとっては重要なことです。
情報が共有されているわけですから、顧客側が急ぎの用なのに担当が不在だからと返答を保留されることもありません。
担当の営業の進捗からアポイントの状況、商談履歴まで全て閲覧化されているため、電話を受けた他部署の人間でも適切な応対が可能です。また、商品別の見込み顧客などもリスト化できますので別にファイルを作る必要もありません。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る