本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

卸売業のSFA導入目的と活用法

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 卸売業のSFA導入目的と活用法

卸売業のSFA導入目的と活用法

SFAとはSales Force Automationの略で営業全般を支援する多機能システムのことです。
操作性も良く初心者でも覚えやすいクラウド型で、導入に際し特別な機械やPCの買い足しは必要ありません。
会社にPCが一台でもありインターネット環境が整備されていればすぐに導入して使うことができます。
SFAだけで今まで多くのソフトを使用していた業務を一元化することができ、情報の共有や可視化の面を効率化することができます。
また、部署と部署の連携を高め、会社内の摩擦を消すことができます。

SFAには多くの機能があります。
その主だったものは書類作成機能や営業プロセスや経営戦略、コンプライアンス資料を情報化して可視化や共有化できる機能です。
他に顧客情報管理機能があります。
これはとても優れた機能です。
顧客情報の管理はかつて紙媒体や各営業個人のPCで行われていました。
紙媒体で管理する場合は保存期間の問題がありましたし、保存するスペースの問題もありました。また、処分する際のコストの問題やシュレッダーする場合に要する時間の問題もありました。
個人PCで情報を所有する場合は置き忘れによる情報漏洩の問題もありましたし、PCの所有者でなければ情報を引き出せないという問題もありました。PCの所有社員が休みを取っていると連絡を取ってまずはパスワードの確認から始めなければならず、既得意顧客がせっかく連絡を入れても後日対応という形でしか返答できないことも多かったのです。それにより商談のチャンスを逃すこともありました。
また、紙媒体と個人PCで所有する場合共通の問題点として、どこからどこまでを営業に必要な顧客情報と判断するかという大きな問題もありました。
営業担当によってはせっかくヒアリングした内容も営業に関係ないからとほとんど書き込まずにおくこともあり、卸売業にとっては商品の仕入れや商談の糸口になったにも関わらず共有されないことも珍しくはなかったのです。
ですがSFAにより顧客情報を部署を越えて共有し顧客情報記入の際のルールを定めることにより営業部門の他の例えば仕入れ部門や製造部門も顧客情報を簡単に参照でき、顧客の名前の声を参考にできるようになります。
これは卸売業にとっては有用なことです。
また、現に卸売業のSFA導入目的の一つでもあるのです。

全国に同じ業種のライバルを持つ卸売業は営業が顧客にヒアリングを行うことにより商品別の所有状況を知ることができますし、競合対策をすることもできます。
このようにSFAを活用すれば卸売業の業務も円滑になり確実にチャンスへと結びつけることができるようになります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る