本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

名刺をフル活用した営業支援について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 名刺をフル活用した営業支援について

名刺をフル活用した営業支援について

営業活動で接触した相手から名刺を貰うことは多々あり、法人営業では一度に貰う枚数も多くなります。その都度しっかり管理をしないと、いつのまにか溜まった名刺は必要な情報を取り出せなかったり、相手の顔を思い出せなかったりして、ただの紙の山と化してしまいます。 名刺の管理方法としては従来のようなフォルダで整理するなどのアナログな方法から、スキャンしてパソコンなどに読み込みデータ化するデジタルな方法が一般化しつつあります。かつては読み込んだデータを文字として認識させるための作業が必要でしたが、技術の発達や文字化のサービスが提供されたことで容易になりました。 けれども、このようにデジタル化しても営業支援に活用できなければ意味がありません。そこでクラウドを利用した名刺管理ツールが大いに役立ちます。登録が簡単なのはもちろん、該当する人物を素早く検索できるという初歩的な使い方から、情報を共有できたり、名刺の人物がどの従業員とどのような関係を持っているのか可視化することができます。例えば今度初めて会う従業員が過去のコンタクト状況を把握していれば、一から話をする必要がなく、また相手側との共通の認識ができることによって、スムーズに話が進むことでしょう。 このような管理ツールを自社で構築することも不可能ではないですが、より営業支援に対応したものにするためには情報システム会社が提供するクラウド型支援ツールを使うのが効率的でしょう。データ化の手間が省けますし、登録した企業の情報に基づいてプレスリリースや人事異動の情報をリンクさせ、新たなアプローチのタイミングを気づかせてくれるなど、営業に役立たせることができます。 またメールアドレスが登録されることによって、自社のイベントなどをメールで効率よく告知し、再度接触できる機会を容易に作ることができます。 料金はデータ量で決まる従量制タイプのものや、利用者の数で決まる定額制タイプがあります。また必要な機能に応じて費用が異なるなど、使用目的に合わせた料金設定をしているところもあります。営業支援ツールに最初からまたはオプションとして組み込まれていることも多いので、そちらを利用すれば他の機能と併用して更に拡大した使い方ができるようになります。 名刺の管理は今やデジタル化だけでなく、効率的な営業支援の一環として進化しています。対費用効果を大きく上回る営業成果を考慮すると十分に導入を検討する必要性がありそうです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る