本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

商談の見直しポイントを発見するためのSFAの活用

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 商談の見直しポイントを発見するためのSFAの活用

商談の見直しポイントを発見するためのSFAの活用

SFAを使って情報の共有化を行えば、なぜ売れないのかという見直しポイントを把握することが出来ます。
営業日報をデータ化すれば、チームの進捗状態が一目瞭然になります。受注理由と失注理由をそれぞれ並べて比較すれば、見直しのポイントが見えてきます。

リアルタイムで情報を共有できるSFAは、営業活動の見直しと改善に役立ちます。
できる営業マンのプロセスを分析して、それを他の営業マンに伝えることが出来れば、チーム全体のレベルを上げられる可能性もあります。

営業マンの動きだけではなく、売上予測もSFAを使って簡単にデータ化することが出来ます。毎月の営業状況と売上状況をグラフにして整理すれば、先々の予測を立てて、今後の営業戦略を立てやすくなります。

SFAが優れているのは、PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルに基づいている点です。スケジュールを立てて、日々の活動を行い、営業日報や商談のデータから案件の情報を共有化します。
このように一元管理できるようになるので、次のActionが起こしやすくなるということです。

SFAは、営業部門だけではなくマーケティング部門やサポート部門、コールセンターなどと一緒に情報を共有するように設定することも可能です。他の部門からの情報が入ってくることで、情報の滞りをなくすことが出来ます。

個人や部署ごとにフォルダを作るなど、カスタマイズも可能なので自社に最適な仕組みを作って活用しやすい形にしていくと良いでしょう。

見直した上で、対応スピードが遅いと感じた場合には、タブレット端末やスマートフォンで情報共有できる仕組みを導入しても良いでしょう。

情報は全てクラウド上にあるので、営業マンが出先からタブレット端末やスマートフォンで情報を確認することが出来ます。一度会社に戻って確認するという無駄がなくなるので、対応スピードアップにつながります。

また、顧客や見込み客に資料を見せながら商談したいという時にも、資料データをその場で確認してもらうことができるので、スムーズに商談を進められる可能性があります。

SFAを使うメリットは、情報を共有して見える化できる点です。すると見直しポイントが把握しやすくなり、PDCAサイクルのActionに繋げやすくなります。

クラウドで情報を管理しておけば、社外でもすぐにデータを確認することができるので、営業活動に無駄がなくなり、売上アップに繋がります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る