本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業ノルマと目標管理に役立つ営業支援システム

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業ノルマと目標管理に役立つ営業支援システム

営業ノルマと目標管理に役立つ営業支援システム

営業マンが管理すべきポイントは、目標、行動、案件、モチベーションの4つと言われています。
この4つは相互関係があって、単独で管理できるものではありません。
目標管理して行動をプロセス化して、案件の営業ノルマをこなし、さらにそのモチベーションを維持するという関係です。

目標管理にも営業支援システムは使えます。各営業マンの目標を共有して、それに必要なプロセスを個人単位や月・日ペースで落とし込んでいくと良いです。
足りないところはお互いに補いあうことが出来るのも、営業支援システムによる情報共有のメリットです。

行動では、コール数やアポイント数などの行動を数値化して管理すると効果的です。
これにより、できる営業マンとそうでない営業マンの違いを見えるようにすることが出来ます。

営業ノルマの達成度は個人の行動に依存しがちですが、情報共有することで営業力が標準化されて会社全体の利益アップに繋げられるようになります。

案件の管理は、訪問?クロージングまでのプロセスを管理します。
ここでは、さらに失注原因などを分析するためにも繊細にデータを残せるようにするのがポイントです。
いつ訪問したか、誰が担当したか、どのような商談を行ったか、を繊細に記録しておきましょう。

情報が多くなれば、失注の原因を解明して次に行うべき行動が見えてきます。
今回はとれなかったけれども、次回のアプローチではとれそうな見込み客に対してのアプローチのタイミングも割り出せるようにしておきましょう。

最後のモチベーション管理は、営業のパフォーマンスを向上させることで維持しやすくなります。個人単位でモチベーションの管理をするのには限界があるので、社内で情報を共有して、マネージャーが部下とコミュニケーションをとってサポートしていきましょう。

営業ノルマを達成するまでには、多くのプロセスを経る必要があります。営業ノルマを達成出来なければ意味がないと言われるほど、営業の世界はシビアです。

そのなかで役立つのが営業支援システムで、目標、行動、案件、モチベーションの4つを管理してお互いに情報共有することで課題の解決への道を見つけて売上に繋げやすくなります。

営業支援システムを選ぶ時には、情報入力に時間がかからないことを最優先に選びましょう。営業支援システムは売上を伸ばすためのツールであって、最終的な目標ではありません。
情報をツールにしてすぐに動けるようにするためにも、入力の手間が極力省けるものが望ましいです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る