本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業マンと営業支援・顧客管理の重要性

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業マンと営業支援・顧客管理の重要性

営業マンと営業支援・顧客管理の重要性

企業などが商品やサービスの売り込みを専門に行う部署が営業部署であり、それらに属して営業活動を行うのが営業マンになります。
かつての営業スタイルといえば営業マン個人の能力によって顧客の獲得を目指すといったものが中心でしたが、この場合には営業マンの能力に左右されるため、企業活動としては不確定なものが多くなります。
また営業マン個人がその情報を持っていることで、その営業マンが辞めた時点で、その情報の引き継ぎが行なわれなくなり、大きな損失となり、継続的な関係を構築することができません。

一方で急速なパソコンや高性能のモバイル機器の登場により、それまでの個人による努力から営業部署全体で営業支援や顧客管理を行うといったことが行なわれるようになります。
営業支援の仕組みとしては、顧客管理を共有化することで、それぞれのつながりを知るということになります。特に個人の努力で行っていた場合で過度な競争原理を働かせた場合には、全員がライバルという関係になり組織内での情報共有も行なわれなくなり、顧客同士のつながりが把握できずに商談のきっかけを逃すケースがあり、その点で顧客管理は営業をする上で重要になります。

これら営業支援が可能になった背景にはモバイル機器の普及があります。特にスマートフォンなどでは一昔のパソコン並みの性能を保有しており、また電波が届くエリアであれば、どこでも通信を行えるということがあります。
以前であれば移動時間中はほとんど休憩時間のような状態で、部署に戻ってから情報の整理を行うのが一般的でしたが、スマートフォンを使うことで、移動中に情報の整理が行うことができ、無駄な残業を減らし効率よく仕事を行うことができます。
またパソコンやモバイル機器を通じて保存されたデータはデジタル情報で保管されるので、データ分析がし易いといったメリットがあります。

特に営業支援ではデータ分析が重要で、データ分析をすることで効率的に営業活動を行うことができ、また無駄を省くことができます。
営業支援を行うためのソフトウェアとしてはグループウェアが知られますが、営業支援を専門に行うものは、グループウェアとのリンクを前提に営業マンが必要とする機能のみに限定し、使いやすくしたものが使われます。
また営業支援は会社の性質によって異なるため、それぞれカスタマイズして利用するのが一般的です。またインターネット上にデータを保存するということからクラウド型の営業支援ソフトウェアも増えています。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る