本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業力強化において行動量を増やすための営業支援の提案

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業力強化において行動量を増やすための営業支援の提案

営業力強化において行動量を増やすための営業支援の提案

営業担当者が自社の製品を売り込むためにも、一つでも多くの訪問先に向かって受注の可能性を増やす必要があります。そのためにも、そのようなことができるような営業支援を提示して営業力強化ができるようにしていきます。その方法として考えることができるのは、売上を目標にするのではなくて訪問件数を設定して達成することです。すなわち、営業力強化において訪問という行動量を増加させていくということです。

営業支援という提案において、営業力強化という課題においてはシステムによるものを挙げることができます。その他にも、上記で記した訪問件数増加という行動量の増強も提示していくことが可能です。なぜならば、訪問件数を増やすことによってその分顧客になってくれそうな個人や組織との接点を増やすことができるからです。それに加えて、訪問する件数を増強することで自社製品の存在を広く伝えていくことができるようになります。すなわち、製品の宣伝機能を営業担当者が担うという側面も持ち合わせることになります。結果的に訪問件数が増加してその分受注件数の可能性を多くして、営業力強化というスタイルにしていくのです。

営業力強化のために、訪問件数の増加を図るときには色々とやることがあります。それは、訪問する相手を選定すると同時に相手方の情報を収集していくということです。それと同時に、訪問相手毎の情報を記したファイルも作成しておきます。また業務時間内において、訪問することができる時間を作り出して効率よく訪れることができるようにします。そのためにも、一日のスケジュールを把握して必要ならば見直しもしていきます。また企業側は、営業担当者が訪問できる件数が多くなるように、別の営業支援も導入をしておきます。例を挙げるならば、外出先でも訪問についての報告ができるような体制を整えておくということです。具体的に言うならば、訪問相手のことを書いた報告書を訪れた後に送ることができる端末などを取り入れることです。そのようにすることで、営業担当者はそのまま次の訪問先に向かうことができるという利点を得ることが可能となります。

企業が訪問する件数を増やすという営業支援の提案を採用することを決心したときには、それが可能な体制を敷いておきます。他にも別の営業支援を取り入れて併用していき、営業の頻度を増やすことができるようにしていきます。このようにして行動量を多くできるようにして、結果的に売上の上昇に繋げていけるようにしていきます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る