本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業力強化につながるコミュニケーションの営業支援について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業力強化につながるコミュニケーションの営業支援について

営業力強化につながるコミュニケーションの営業支援について

 多くの企業において、営業活動は収益に直結するため、とても重要なものであります。そのため、企業によっては過酷な目標を設定し、それを達成できなければ、それなりの処罰を受けるというところもあります。この他、企業によっては、販売ノルマを達成できなければ、自腹でそれらを購入しなくてはならないというところもあります。しかしながら、このような厳しいノルマを課したからと言って、直ちに営業力強化されるわけではありません。

 厳しいノルマが課される中、なかなか営業成績が振るわないという人がいます。そうした人は結果が芳しくないことから、上司から叱責を受け自信を無くし、ますます営業成績が振るわなくなるという負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。また、元々、コミュニケーション力が乏しく、営業職に配属になったはいいけど、思うような結果を残せず、同様の負のスパイラルに陥ってしまう人もいます。

 思うように結果が残せなければ、それだけで多大なストレスとなり、仕事に行くことが苦痛となり、精神疾患を患ったり、退職を余儀なくされる人も出てきます。しかし、会社内で病気の人が出たり、退職を希望する人が出るというのは会社にとっては決して良いことではありません。というのも、労災の対象になったり、企業イメージの低下につながる可能性もあるからです。

 多くの場合、営業成績が振るわないからといって能力がないわけではありません。ただ、その方法を知らないだけであることが多いものです。そのため、営業成績が悪いイコール能力がないと捉えるのではなく、営業力強化のための営業支援をすることも一つの方法であると言えます。

 具体的な営業力強化には何と言っても、コミュニケーション力を向上させることが挙げられます。というのも、営業の基本はお客様との対話であり、それによって結果が現れてくるからです。そうしたコミュニケーション力を挙げる営業支援の方法としては、今、多くの企業で取り上げられているSSTという手法があります。

 SSTというのはソーシャル・スキルス・トレーニングの略で、実際の営業場面をロールプレイしていくというものです。このSSTが営業力強化に適している点は何と言っても、長所に注目し、それを伸ばしていくという点にあります。つまり、批判することなく営業力が強化されるという点です。

 営業職はしばしば敬遠されやすいものではありますが、今ではSSTのような営業支援のツールも確立されているので、今後のスキルアップのために利用を検討してみても良いかもしれません。また、SSTを利用し、営業支援をする際にはSST認定講師というプロフェッショナルの方もいるので、そうした方に営業支援についての相談を行ってみるのも企業の収益アップにつながる可能性があります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る