本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業力強化に必要な話術のサポートをするのが営業支援

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業力強化に必要な話術のサポートをするのが営業支援

営業力強化に必要な話術のサポートをするのが営業支援

営業支援とは、営業マンが営業に全力で向かえるくらい、周りの環境や営業マンをサポートする仕組みのことを言います。
では、営業力強化のためには必要不可欠な話術も磨けるサポートも営業支援の一つです。では、サポート頂きながらもどんな話術を身につけたら営業力強化につながるのか、具体的にみてみましょう。
1、話し上手よりも聞き上手を目指す
お客様は一方的に話をされると嫌になります。何かをお勧めされているようにも感じることもあります。
しかし、逆に自分の話をたくさん聞いてくれると話せて楽しかったと満足感もありますし、この人は話を聞いてくれるという信頼にもつながります。
また、話を聞くことで、お客様の背景が知れるので、お客様に提案するポイントが見えてきます。
営業力強化には、会話力を磨くことより、聞く力を育てることの方が重要であるということです。
2、商品のことを熟知している
では、どれだけ聞き上手であっても商品の知識がなければ信頼にもつながりにくいです。
お客様が興味をもつような商品のアピールや、お客様が聞きたいことに答えられる力は必要です。この力は営業支援でもサポートをしっかりしてもらう価値はあります。
3、話し方に強弱がある
では、ただ単に聞き上手で商品の知識があればよいのかというとそうではありません。
話し方やトーンはとても大切です。その一つが話すときの会話の強弱です。
一定の話し方の人に魅力を感じるかといえば疑問です。強調したい部分を強く言ったり、逆に「ここだけの話ですが」と小声で言うことも会話に抑揚がつき、よいでしょう。
4、スピードに変化がある
次にスピードも大切です。例えば急いでおられる方には、少し早めのスピードで、しかも大切なことはゆっくりめにすると、それだけでも強調されて聞こえます。耳に残ると頭に入り、今すぐの契約にならなかったとしても次に決める可能性はあります。
5、間を開ける
そして、最後に会話に間をおくことで、さらに伝えたい部分が強調されます。この間はお客様を見ていないとできないことなので、しっかりとお客様の表情を見ることや伝えきることはとても大切です。
この話し方は営業支援でのサポートがしっかりとある営業部署も多いのではないでしょうか。
あとは、最も大切なことが、お客様に喜んでもらいたいと思う営業マンの心を育てることです。
これは話術をきたえるより、最も営業力強化につながる営業支援になるのではないでしょうか。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る