本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業担当の負担軽減するSFA導入方法

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業担当の負担軽減するSFA導入方法

営業担当の負担軽減するSFA導入方法

SFAというのは営業活動を支援するソフトウェアで、これを導入することで営業担当の負担を軽減してくれます。
ただし、うまく運用できなければ今までの仕事プラスSFAをやらなければならなくなって仕事量が単純に増えてしまったり、操作が難しくて面倒だったりなど導入時に失敗して逆に営業担当者の負担が増えてしまったというケースもあります。

SFAを導入する際に気をつけることとしてまず、何のために導入するのかという目的を明確にしてそれを可能にするための機能だけに特化して導入すること、SFAを導入しようと決定するのは上の立場の人間ですが実際に使用するのは現場で働く営業担当者たちのため彼らの意見をよく聞くこと、導入後に仕事が楽になるためにも省略できる仕事内容は減らしもう一度業務内容を見直すことなどを行うようにしましょう。
導入後も実際に使ってみて見つかった不具合を見直しして更なる効率化を図るためにも運用担当者と営業担当者との間のコミュニケーションが円滑に行えている必要があります。営業担当、運用担当、そしてSFAのシステム会社の間でサポート体制を作っておくようにしましょう。

営業の人たちは遠方に営業活動に行く際は、そのまま直帰という形をとる場合もあります。しかしながらSFAを導入したためにわざわざ会社に戻って入力作業を行わなければその日一日の仕事が終了しないということであれば勤務時間が長くなりますしストレスも増します。出先での空き時間にも活用できるようにタブレットやスマートフォン対応するようにしましょう。

すべて手入力しなければならないものであればパソコンを使用するのが苦手な年配者には使いこなせず、せっかくのベテランの仕事内容が新人たちに伝わってきません。選択したりワンクリックで行えるなど入力をサポートする機能をつけることで営業担当の負担を減らし誰でも簡単に入力できるようにしましょう。きちんとしたフォーマットがあれば入力も楽ですし、あとから見やすい画面となります。

SFAのソフトとしてさまざまなものが出ています。しかしながら機能がたくさん付いているものが優秀で負担軽減に役立つというわけではなく、自分の会社に合ったものを選ぶことが大切です。そのためにもSFAの自社なりの使い方を具体的に決めることからはじめましょう。うまく活用すれば次の営業活動がやりやすくなり、成功例や失敗例を社内で共有でき、失敗を回避し成功に導くなど営業活動の負担が軽減されるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る