本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援が遠のく?雑談での話し方の落とし穴

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援が遠のく?雑談での話し方の落とし穴

営業支援が遠のく?雑談での話し方の落とし穴

コミュニケーションの中で雑談は切っても切れない関係です。
閑話としてだけでなく、新たな発見を与えるきっかけにもなります。しかし、同時にやってしまいがちな落とし穴もあります。
今回は「営業支援が遠のく?雑談での話し方の落とし穴5つ」を解説します。


1、話題が脈絡なくコロコロ変わる
話題に脈絡がないものは聞き手としては非常に推測を立てるのが難しいです。
それゆえ、話し手の意図や思いは伝わらず「結局この人は何が言いたいのだろうか」と思わせてしまうかもしれません。
親しい友人などとおしゃべりする場合は脈絡なく内容があっちやこっちやいってもなにも支障はありません。
しかし、仕事となれば話は別です。営業支援を得る過程としても、聞き手が推測を立てにくい「言いたいことを言いっぱなし」で余計なストレスを与えるべきではありません。

2、矢継ぎ早に話し続ける
「とにかく話して場をどうにかしなければ」という思いが強すぎると発生しやすい状態です。
とにかく思いつく限りのことをひたすら矢継ぎ早に話し続ける。
一方的に話を強制的に聞かされる身としては不愉快な気持ちになります。

3、話題が展開できない
あまりに当たり前すぎる話題や、あまりに専門的すぎる話題は話しの展開が難しいです。
当たり前すぎる話題は聞き手の反応に応じて話し手が展開する会話力が必要になります。
また、専門的すぎる話題は聞き手がどの程度の知識を持ち合わせているか不明瞭な場合避ける方がいいでしょう。

4、一方的な話が長い
本来営業支援とは売上・利益・生産性といった成果を上げるためのサポートです。
気分転換や関係づくりのための雑談に長時間を割いてしまっては本末転倒です。
一方的な話し方は何も矢継ぎ早に話し続ける話し方というわけではありません。
相手の話を聞いたふりをして「あぁそうなんだ。それはそうと」といったかたちで適当な相槌を打って、自分自身が話したい内容を口にする話し方も指します。

5、相手の話しの言葉を一切使わない
例えば、会話中、相手が自分自身の発した言葉を一切使わないとなるとどう感じますか。
「本当に話を聞いているんだろうか」と疑わしく思いませんか。
自分自身の話を聞いてもらえていないと感じると人間はあたりさわりのないことだけを口にするか、口を完全に閉ざしてしまう可能性さえあります。営業支援は相手に手を貸してもらう必要がありますが、手を貸すどころか心を閉ざす結果になりかねません。


以上「意外とやってしまう雑談での話し方の落とし穴5つ」を解説しました。
プライベートのおしゃべりであれば上記の5つはあまり気にしなくてもいいでしょう。
しかし、営業活動の効率化をはかるための営業支援を得る一環ではこの5つはぜひ避けたい落とし穴です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る