本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援する話し方は相手の気持ちを汲み取ること

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援する話し方は相手の気持ちを汲み取ること

営業支援する話し方は相手の気持ちを汲み取ること

営業に慣れている人でも、やはりいつも訪問をするときは緊張をするものです。営業支援として話し方はとても重要なポイントとなりますが、その時にもいろんな気を使っているのです。昔はそれこそ営業というと強引に話しを進めていくような事も多く、それが今でもイメージとして多く残っています。

けれども最近は営業支援のことを考えると、そのようなやり方ではお客さんに煙たがられるだけだというような風潮になりつつあります。話し方に関しても、相手の気持ちを考えてトークを組み立てていかなくてはいけないのです。商品やサービスを売り込みたいけれども、すぐにそこに持っていこうとするのではこれまでと変わりません。お客さんが話し始めたら、自分の話は一先ずやめてその話を聞いて、メモなどにも取りながらそこからどう話を繋げていけそうかよく考えながら聞きましょう。メモなども取っておくと、今後のトークの組み立ての時にも参考になりますので、これも立派な営業支援となります。

商品などに興味を持ってもらうためには、お客さんとの距離を縮めていかなくてはなりません。それは営業マンと実際にやり取りをする担当者であったり、社長や部長というような人の場合もあります。目の前にいるお客さんがどんな立場であれ、話し方はいつでも丁寧に柔らかな雰囲気を保ちましょう。そして相手がどんな事を考えているのだろうと話をしてくれている時にはしっかりと様子をみて下さい。

何度か訪問をするということになれば、先輩や上司に営業支援としてその日の面談であった事を相談してみましょう。そこから相手の気持ちをより詳細に考えていけば、次の面談にも生かすことが出来ますし、自分の経験にもなっていきます。どんな事を話すのか、内容も精査できますし、話し方の練習もしておく事が出来ます。

営業支援として、相手の気持ちを考える事は非常に重要です。聞く姿勢が自分になければ、お客さんとしても話を聞こうと思ってくれません。何を言われたとしても怒ったりするようなことはせず、感情のコントロールをしていきながら状況の把握に努めるようにするといいでしょう。人間ですから、たまたま機嫌が悪かったというような事だってある可能性も有ります。話してくれたことを要約して伝えなおしたり、疑問などにも的確に答えられるようにしておくとそれだけでも印象が違います。話し方も普段から営業としてしっかりと話せるように何度も訓練をしておきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る