本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援で営業の可視化をする方法とは

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援で営業の可視化をする方法とは

営業支援で営業の可視化をする方法とは

営業支援を考えるに置いて欠かせないキーワードとなってくるのが「営業の可視化」です。
可視化とは簡単に言ってしまえば目に見える状態にすることを指すわけですが、あらゆる情報が簡単に可視化できるのかと言われればそうではないことがほとんどでしょう。
数字としてでてくるデータであればある程度可視化することは可能ですが、しかし営業支援の中で扱うべき情報の中にはなかなか可視化が難しいものも多く含まれているものなのです。
特に顧客からヒアリングした内容や過去の商談の履歴などは、ある日いきなり全てをまとめようとしても無理があるわけですから、営業支援を考えるのであればその情報管理の方法を考えなくてはならないのです。

さて、それでは営業支援として情報の可視化を行っていく方法としてはどういったものがあるのかと言うと、最も有効な方法となるのは専用のシステムを導入することでしょう。
コンピュータを利用した情報管理はいまやどのようなところでも行うものとなりましたが、この管理の方法にはさまざまなものがあります。
しかしオフィスソフトを利用してそこで表計算データを作ったり、互いに情報を通達し合うためのワープロソフトのデータを作るということではあまり高い効果は見込めません。
こうした場合には営業支援専用のシステムを導入して、そこで情報をより簡単に入力できるようにし、要点を抑えたデータを作成して纏めておくことが必要になるのです。

営業支援の為の情報の取りまとめ、営業情報の可視化としてチェックしなくてはならないものは多くありますが、特に重要になるのは「現状抱えている案件の今後のスケジュール」と「これまでの営業活動によって得られた情報」の二つでしょう。
現状抱えている案件が今後どのように動いて行くのか、いつごろになれば契約受注に至れそうで、また契約の受注に至った後はいつまでに品物を納品しなくてはならないのかということは間違いなく利益に直結する部分ですから、そこで人手が足りずに失敗したということのないように情報を共有することが必要です。
次いで「これまでの情報」に関してはすぐに利益に結びつくものではありませんが、例えば「年明けごろに来てくれれば考える」と言っていた顧客がいた場合、その情報を忘れてしまったのでは将来的な利益を放棄したことになってきてしまいます。
営業支援の方法として専用のシステムを導入するとかなりのコストがかかるということは考えなくてはならない点ですが、営業の可視化をするということで言えばこうした専用システムには高い価値があると言って良いでしょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る