本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援としてテレアポを行うメリット

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援としてテレアポを行うメリット

営業支援としてテレアポを行うメリット

営業の効率を上げるためには、事前の準備をしてからアプローチをしていく方が効果も上がりやすくなります。営業支援として、出かける前にはテレアポを行ったりしますが、それにもメリットやデメリットはあります。営業支援として行いますが、テレアポを行わない場合には営業マンはとにかくめぼしい会社に飛び込んで営業を行う事になります。自社の商品やサービスなどを売り込むにしても、入ってみたものの門前払いで追い返される事もしばしばです。

けれどもテレアポを事前に行って約束を取り付けた場合だと、追い返されるような事はありません。相手に確実に会ってもらうことができますし、少なくとも多少は興味を持ってくれている分だけ話もしやすいです。事前に資料などを準備してどんな風にプレゼンを行うのかなどの下準備も出来ますから、万全の状態で望んでいく事ができるので、営業支援としての効果も抜群です。

ただし、デメリットもないわけではありません。テレアポは電話を使って行いますので、かけた先によっては受付で止まってしまう事もありますし、運よく上の立場の人が電話を取ってくれたとしてもすぐに切られてしまう可能性もあります。それに、お客さんの手を止めてしまうというのはそれだけでも気分を害する可能性がありますので、その点は仕方のない面はあります。個人のお客さんの場合、約束をしていたとしてもたまに忘れてしまっていたりするので、前日か二日前ぐらいには確認の電話も入れておくと安心です。

営業支援ですから、やはり時間や人に余裕があればテレアポを行う方が営業側としてはメリットもあります。トーク内容なども考えなくてはいけませんが、ある程度商品の説明も簡単に行い、その上で相手と日程を話し合い時間なども決めます。事前に資料送付も出来ればしておくと、訪問した時に相手と濃いやり取りをする事も出来ます。営業支援なので、きちんとマニュアルを作ればアルバイトやパートの人でも仕事をこなす事ができますから、営業マンは営業という本来の仕事に専念する事ができます。

営業の最終目的は自社の商品やサービスの購入や利用で、成約を取る事です。その為にはテレアポも上手く活用できるように考慮していきましょう。電話をかけること自体は難しくありませんので、誰でも行う事ができます。まずは多くのリストから見込み客を作って、そこから営業をかけられるお客さん作りをすればとても営業支援としても有効な手段となります。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る