本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援として話し方を工夫して警戒心を解く

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援として話し方を工夫して警戒心を解く

営業支援として話し方を工夫して警戒心を解く

営業の方法に悩む人も多いですが、営業支援として一度話し方について考えてみるのは良い事です。話すことが苦手な人もいれば、大好きでどんどん語りかけていく人もいます。どんなタイプの人であっても、営業という仕事をする以上は何らかの状態でお客さんと顔を合わせて言葉を交わすのは仕事の中でもとても重要な事となります。

話し方が重要と言っても、余り意識をしていない人もいるでしょう。営業支援として考えるのであれば、自分がもし営業をされる側だとどのような反応になるか考えてみて下さい。今から何を売られるのだろうと警戒心を抱いてしまうと、迂闊な事は話せないし、聞くより自分の身を守る事で精一杯になってしまうでしょう。特に初対面であればなおさらそんな反応になってしまうのは当然と言えます。

ですから、よく話し方は重要だといわれるのです。相対したお客さんは余程何か打ち解けるような事が起こらない限りは警戒している状態なのです。この事を理解しておくだけでも、自分の営業支援となります。無理やり何かいろいろと話しかけてもなしのつぶてだというのは誰にでも経験があることですが、会ってくれている場合は警戒はしながらも自分たちの商品やサービスなどに一定以上の興味はあるということが推測されます。そうでないと、わざわざ時間を作って会ってはくれないからです。

自分の営業能力を上げるというのは大変な事ですが、効果的な資料や試作品などを作っていったとしても、実際に説明をするのはその場の自分です。話し方が今後の契約に重要になるのは当然です。営業支援として、緊張をしたり相手がどれだけそわそわとしていても、それを必要以上に気にしすぎないことも大切です。メリットを伝えるのは誰でも出来ますが、デメリットもきちんと伝える事ができればよりお客さん側としても好印象を抱いてもらえます。

話し方も練習をするなどして、ゆっくりと話すように心がけたり、優しい表情をするようにしてみましょう。今は昔の営業と違って、勢い良すぎたりあまりにも無理強いするような力強い営業は好まれない事が多いです。売りたいと思って話をしていると中々売れないどころか話も途中で終わってしまう事もしばしばです。営業支援のために、自分自身の話し方をもっと意識して、お客さんの状態を想像しながら考えて、商品の説明を行ってみて下さい。少しずつ練習を重ねていけば、段々とそれができるようになってきます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る