本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援となる飛び込み営業のテクニックについて

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援となる飛び込み営業のテクニックについて

営業支援となる飛び込み営業のテクニックについて

 営業職と聞くと、過大なノルマを課せられて、そのノルマを達成できなければ、上司から激しく叱責されて、最悪の場合、ノルマ達成のために自腹を切らされるというネガティブなイメージが強いのではないでしょうか。また、営業するにはトーク力が必要という先入観から、敷居が高い業種とも捉えられがちです。

 しかしながら、営業職はネガティブな要素ばかりではありません。というのも、多くの場合、営業成績を結果として出せば、給与や昇進に反映されやすいからです。しかも、社内で味気のない作業をし続けるのと異なり、外出し、一人になる時間も作ることもでき、様々な人脈を広げていくこともできます。それゆえ、多くの人に関わりたいと考える人や、一人の時間が欲しい人にとってはこれ程、良い業種はありません。

 ただ、営業を好きでやっている人ばかりではないでしょう。中には、人と話すことや、外に出ることが好きではないのに、上からの命令で仕方なく営業をやらざるを得なくなっている人もいるはずです。そうした人は営業に不向きと片付けられ、ただ不適応な状態で社内に置いておくだけの状態に陥りがちです。しかし、こうした人は、本当は営業の仕方を知らないだけかもしれません。

 そこで、営業のノウハウを身に付けるための営業支援のテクニックがいくつかあります。それらを身に付ければ、警戒されやすい飛び込み営業においても、少しは結果に結びつく確率が上がります。その飛び込み営業に有効な方法の一つがフットインザドアといったものです。営業支援ではこうした方法を身に付けていくこととなります。

 まず、フットインザドアですが、これは横文字で一見難しそうですが、わかりやすく言えば、簡単なことからお願いするということです。例えば、いきなり高額商品を買ってくれるようにお願いしてもなかなかうまくいかないものです。そこで、安い商品からお願いしてみると、結果として高額商品の購入につながります。これは飛び込み営業において非常に有効な心理テクニックです。

 この他、飛び込み営業における営業支援の方法としてSSTがあります。これはソーシャル・スキルス・トレーニングの略で、実際に飛び込み営業のロールプレイを行い、良かった点やさらに良くする点を共有するという営業支援の方法で、近年では、営業支援の他、上司への報告や、同僚への情報伝達といったコミュニケーションの練習ツールとして多くの企業で用いられています。

 このように、飛び込み営業で役立つ心理テクニックや営業支援の方法は数多くあり、営業という業種を敬遠する必要はなくなってきています。それゆえ、これらの支援方法を用いてスキルアップすることも可能であるので、練習、学習、実践を繰り返し、さらなる自己成長を目指してみるのも良いかもしれません。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る