本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援における営業マンの戦略型について

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援における営業マンの戦略型について

営業支援における営業マンの戦略型について

自社の製品などを使ってもらったり、買ってもらったりするためには営業マンのち密な努力が必要です。ただ単に努力をするだけはだめです。要領などがものを言います。そのようなときには営業支援によるアドバイスが必要となります。特に大手の会社には営業支援を専門にする部署があり、その部署はさらにこまかくわけることができます。大手になればなるほど、この営業支援の活動範囲は広がっていきます。
中小企業の場合、営業支援を設けている部署はなく、委託になっているところがほどんであります。営業支援から話し方や接遇、対人面で対応など、いろいろなアドバイスをもらい、それらを培って営業マンは仕事を行っていきます。いわゆる戦略型の営業マンを育てるのが、営業支援の大きな目的であるといっても過言ではないです。営業マンだけではなく、内部においても商品開発に携わる営業支援もあるため、各会社は多角的な方向から攻めよっていくことになります。
企業のテレビコマーシャルや雑誌上の宣伝も、営業戦略の一環としておこなっているものです。
さて、営業マンに求められるのは、実践力ややる気、戦略方法ですので、高学歴の人がすばらしい営業マンといえるかどうか一概に言えません。くだんのように計画的に攻めていくことですので、それらのことを上手にやってのける人が本当の営業マンとして本当の実力のある人だと言えます。そして人間性もです。人の気持ちをじゅうぶん理解することが大切ですので、労わる気持ちや痛みを同感できる心などをいつまでも持っておくことが不可欠です。そのような努力を積み重ねることで営業マンとしてすばらしく成長します。誰だって最初はなんでも失敗します。「失敗は成功のもと」と言われるように失敗することが悪いというイメージをすて、失敗することで成功の秘訣を得ることができる貴重な体験だと思えばいいのです。20代は失敗することが多いでしょう。逆の見方をすえば、この世代はいくれでも成功のカギを握るもとを掴んでいるのです。それをわかってくれる上司がいれば、上司が気をきかして部下をじょうに育てていくかもしれません。しかし現実にはこのようなことは少ないです。人間関係であったり、多忙な日々であったりすると人への指導というものが希薄になっていき、成功を遠ざけているにちがいないのです。
営業支援をじゅうぶん参考にしながら縦横の人間関係のつあがりをつくっていくことがひじょうに重要なのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る