本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援にはDMのアウトソースがある

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援にはDMのアウトソースがある

営業支援にはDMのアウトソースがある

会員登録をするときにおいては、企業はその情報を貯めると同時に次のような目的にしようしたりすることがあります。それは、会員に対して商品の紹介をしているチラシなどを封入して相手の家に郵送をしているのです。これは、会員登録をしてくれた人などにその後においても繋がりを持っているというメッセージを送ることになります。このとき、情報を持つ企業に代わってDMのアウトソースという営業支援をしている会社が存在しています。DMのアウトソースという営業支援を得ることによって、利益を手にしたりすることが可能となったりします。

DMのアウトソースは、別の企業に行ってもらうことによって設備投資や人材増強をすることがないという利得があります。DMを発送するときには、それを行うための作業場を構築したり搬送するためのトラックの場所を確保する必要があります。加えて、作業を担当してくれる労働者を採用して教育を施していくことが求められます。そのため、DMのアウトソースを使うことによってそれらを用意することなく送付ができるのです。このような営業支援を受けることによって、今までと同様の業務をすることが可能となるのです。

他方で営業支援を依頼された企業は、業務を請け負うことで仕事をすることができて利益を得ることができます。なお企業は、スタッフを揃えるときには派遣会社を使用するという選択肢を考えることができます。業務の件数によって、スタッフの人数を変化させたりすることができるからです。そのため、スタッフを雇うときに発生する賃金を常に固定する必要がなくなるという長所が生じるのです。

企業は営業支援を受けることを決めたときには、次のようなことが重要になってきます。それは会員の個人情報の取り扱いに極めて厳重になるということです。これはアウトソースを受ける会社においても同様で、取り扱いには細心の注意を払うことが大事になります。そのため、個人情報の受け渡し方法や取り扱いに関するマニュアルを作る必要があります。さらに、そのマニュアルについても慎重に取り扱っていくことが重要となります。DMをアウトソーシングすることには、双方の会社にとって利得が発生するという結果になるのです。当然ながら、仕事をするときにはルールが必要となる上にそれを尊守することが大切となります。なぜならば、会員の個人情報を使用して業務をするという形態になるからです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る