本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援により営業マンの事務作業軽減

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援により営業マンの事務作業軽減

営業支援により営業マンの事務作業軽減

営業というのは各企業において商品やサービスを開発する、顧客へ商品やサービスを販売するマーケティング部分と商品やサービスを期日までに納品を行いアフターフォローと行う仕事があります。
その結果売上を上げることができるため、会社にとってはとても重要なポジションと言えます。しかし営業にはノウハウがあります。ただ顧客に物を売って売上を上げればよいというものでもなく、今はいかに付加価値を上げるかということに重点が置かれています。
 
営業活動を行うために営業マンがやるべきこととして、市場調査、アプローチ、商談、納品、クレーム対応などがあります。これらすべて情報として扱うことができ、できる営業マンはこのような情報をきちんと管理しているのです。
しかし会社として考えた場合、同じようなアプローチをするような顧客に対してこのような情報は個人的に管理するのではなく、会社として管理し共有することが必要です。
このような仕組みを営業支援といいます。
 
営業支援は古くは営業事務というような呼び方をしていた時代もあります。実はこのような情報を管理する以外にも営業マンには事務作業が数多くあります。交通費などの費用精算、目論見書や見積書などの作成、クレーム対応の報告書、店舗や顧客などから電話が常にかかってくるような状態が現実で、これをフォローするために営業事務というものがありました。
最近ではこのような事務作業などもグループウェアなどを使用して効率化されてきているのが実情です。
 
営業支援ということから、人、物、金、サービスといった情報について定数化、定量化することが必要となります。そしてそれを共有することで新規に顧客開拓を行う場合も過去の履歴から計画を立てることができます。
計画には根拠が必要です、売上数値にしてもなぜその金額なのか根拠をきちんと説明できることが必要なのです。
営業支援システムによって営業マンはこれら根拠をきちんと作って社内プレゼンテーションを行うことが大切です。
 
営業支援を行うためには経過を確認することが大切です。これはプロセスとも言いますが、計画に対してどのような行動を起こし、今どのような状況なのかということです。これら情報が会社の財産となり、市場調査、アプローチ、商談、納品、クレーム対応などの作業をより効率的に行うことができます。
営業マンはとてもやるべきことが多い職種でもあります。お客様の信頼を失うことが会社にとっても一番大きな損失となります。営業支援によって共有される情報が結果的にお客様の信頼にもつながるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る