本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援による利益率向上のための値下げ

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援による利益率向上のための値下げ

営業支援による利益率向上のための値下げ

商品を販売するにあたって唯一無二のユニークな商品で顧客のニーズも十分にあるなら特に工夫もせずに販売することできます。
しかしながら、そんな商品は探してもそう見つかるものではありません。
大抵は競合他社が似たような商品を販売していることがほとんどです。
その場合、他社に有意差をつけるためには値下げをする必要があるかもしれません。
目的は、今までよりも多く売りたいということです。
値下げをすることで利益率が下がりますが、その分多く売ることで今まで以上の利益を得るために行うことが普通です。
そうなった場合、最も効果のある状態での値下げを検討する必要があります。

具体的には営業支援ツールの活用です。
一律の値下げを行うのではなく、営業支援ツールにより分析した潜在顧客の想定に基づき、その地域や関連性のあるイベントに合わせて値下げを行います。
もしくは時期です。
売上が多くなる周期がわかれば、その少し前に実施することで販売数を増やし、利益率を通常よりも増加させることができるかもしれません。
そのために営業支援ツールに地域ごとの販売数、納品数、特に売れ行きの良い商品形態などをできるかぎりの情報を入れて解析します。
その結果営業支援ツールの情報をもとに販売計画を立案し、目標を持った値下げを実施します。
ただの価格競争に巻き込まれるとどんどん売上を減らすばかりで利点がありません。
短期的に、地域的に、少量で結果を出すことで元の価格に値上げすることも検討できるかもしれません。
営業支援ツールにその時の結果も入力し、次回以降の値下げ計画を効果的に前向きに実施することができます。

値下げは一度行うと元に戻すのは大変困難な状況になります。
限定的に行うことで元に戻す機会を残しておく必要があります。
もし思った以上に販売数が伸びず、ただ売上を下げるだけの状況になってしまった場合に戻せないことは大変なリスクです。

そのためにも営業支援ツールによって何が一番効果的なのかを分析し、ピンポイントで行うことが重要です。
潜在的な顧客数が多く見込めて、市場的に淘汰されていない地域であって、営業の数を一時的に増やせる条件が整った場合など、市場開拓も含めた形で実施することで失敗した時の影響を最低限に減らすことに重点を置きます。

無理な条件では結局運まかせにならざるを得なくなります。
好転させるための一つのアイテムとして前向きに考えられることが成功の秘訣です。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る