本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援に活用したいテレアポでのコミュニケーション

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援に活用したいテレアポでのコミュニケーション

営業支援に活用したいテレアポでのコミュニケーション

営業でスムーズに商品やサービスを売り込んでいくためには、飛び込みで頑張っていくのもいいのですが営業支援でテレアポも行っておくとさらに効果も出やすくなります。電話で事前に約束を作っておくと、その時にきちんと相手も時間を作って待っていてくれますし、興味は少なからずあるという土台が出来ている分話も進めやすいのです。また、これまで既存客に販売していた商品などでも市場を変えて販売するなど積極的な活動を行っていく時には営業支援は欠かせません。

訪問するための日時の約束を取り付けるのがテレアポの第一目的ではありますが、それだけではありません。断られるのが営業の仕事でもありますから、そこからさらなるコミュニケーションを取って少しでも会話を作って担当者への道筋を作るのです。電話をかけるテレアポも大好きな人は好きですが、ノルマなどのことを考えると憂鬱になる人も少なくありません。ただ電話をかけているという段階に終始してしまうと、営業支援でもなんでもないものとなってしまいます。

営業支援として行うテレアポで必要な事は、以下に担当者に繋げていくかです。自分自身が商品のアピールを長々とやりこむ必要は全くありません。そこは実際に訪問をする営業マンに任せればいいのです。その下地を作るための電話ですから、まずは電話を切られないようにどう話すか、そして話が出来ればどうやって担当者へ繋げてもらうかとステップを踏んでいきます。固有名詞などを使うと相手の印象にも残りやすくなりますし、また数字などを出すと実績なども分かりやすくなるのでお客さん自身が興味を持ちやすくなります。そこから、これなら繋いでもいいかなという風に思ってもらえるのです。

営業マンにどのように活躍してもらうのか、その場所を作っていくために行うのが営業支援のテレアポです。最初のうちはとにかく電話をかけてみてコミュニケーションとはどのようなものなのかをじっくり学んでみるのもいいのですが、その段階を過ぎればしっかりと自分が話してアポイントメントを作っていくという業務を意識して行うようにしましょう。お客さん側は一刻も早く電話を切ってしまいたいと思っていますが、こちらは話をしたいのです。それは自分がお客さんになっても同様に感じるでしょう。そのことを念頭に置きながら、お客さんがあくまで主体なのだというスタンスを崩さないようにして、繋がった電話を一つずつ大事にしていきましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る