本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援のうち営業力強化となる戦略立案に関すること

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援のうち営業力強化となる戦略立案に関すること

営業支援のうち営業力強化となる戦略立案に関すること

企業が営業力強化を希望しているときには、営業支援として戦略立案ができるアドバイザーを招くというやり方があります。社外の人間の力を借りることによって、別の視点からの戦略を知ることができたりするからです。そのため、営業支援においてアドバイザーの力を借りるということも選択肢として含めることが可能です。なお、アドバイザーを選択するときには様々な観点からチェックして選んでいきます。例えば、たくさんの企業において営業力強化になったという実績を持っているということです。

営業支援として外の人間を招いたときには、必ず自社の営業力の現状を伝えていくことが必要になります。なぜならば、営業力強化を図るときにはどのような部分に着手すればよいのかを知る必要があるからです。そのためにも、アドバイザーに対しては営業の現状に関する様々な事情を知らせていくことが大事です。アドバイザーは依頼した企業の営業の現状をもとに、営業力強化に繋がるアドバイスをして戦略立案について教えます。戦略立案を教えていくときには、過去の事例を交えながら営業担当者に伝授をしていきます。

また企業側はアドバイザーに営業支援を受けるときにおいて、次のようなことをするのも良いです。それは伝授を受けた戦略の方法に関して、営業担当者同士で議論をさせるということです。議論をさせることによって、営業担当者の意見を知ったりすることが可能となります。その他にもアドバイザーに、営業担当者がどの程度学ぶことができたかどうかのテストも実施していきます。また、営業担当者が考案した戦略をアドバイザーに伝えるということも良いです。そのときに、アドバイザーから助言をもらって戦略に関する技術などを向上させていきます。このようにして企業は、営業担当者の営業力を強化していき契約や受注ができるようにしていくのです。
アドバイザーを招くという営業支援では、営業担当者に色々な知識などを与えるということができます。外の視点を持ち込むことによって、営業担当者に様々な見方を教えるという結果になっていきます。アドバイザーが培ってきた様々なノウハウを掴むことで、別の視点で営業について考えたりすることが可能となります。アドバイザーによる教育を受けるときには、営業担当者は質問などをするのが良いです。双方向の意見を交えていくことによって、様々なことを吸収していくこともできるようになるのです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る