本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援のアウトソーシングを利用する場合の注意点

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援のアウトソーシングを利用する場合の注意点

営業支援のアウトソーシングを利用する場合の注意点

営業活動を行う際に非常に重要なのが、営業体制をどの様に整えて活動を行うかです。特に営業支援の仕事内容でどこまでをこなすか、営業マン自身がどこまでの事を行うかの分かれ目がその営業活動の成否を左右するといっても過言ではありません。 営業マンの仕事は非常に多岐にわたります。企業においては特に売上予算の達成が最重要課題となるため、その売上予算を達成するために対象案件の抽出とどのような商材を提案してどの程度の売り上げ利益を得るかの営業戦略の立案などを事前準備として行わなければなりません。そして実際の営業活動においては提案書の作成、見積書作成、提案行為及び商談の状況を報告する商談報告書の作成など、実際の提案作業までに区切ってもこれだけの作業が有るのです。 そのため、これをすべて一つ一つ行っていたのでは一つの顧客にかかりっきりになってしまい、とても売上目標を達成できないため、社内でできる作業と顧客との商談など営業マンのスキルが無いとできない作業や、またはシステム入力などの機械的な作業と商談などの人間が行わなければいけない作業などに分類し、効果的に作業を分担していくことが営業活動の効率化に繋がるのです。 最近では営業活動のサポートとなる営業支援活動の一部を外部に委託する、いわゆるアウトソーシングを導入して営業活動の効率化を実現する企業も増えています。営業支援の中でもシステム化できるところはシステムに任せた上で、そのシステムの運用及び電話での顧客対応などを外部委託することにより、営業マンがより営業活動に専念することができるような仕組みを作り、その仕組みをサービスとして提供している企業が有るからです。 このような会社のアウトソーシングサービスを利用するメリットは、社内に営業支援部隊を設ける場合と異なり、人件費などのコストを抑えるとともに、確立された営業プロセスの管理方法のノウハウをそのまま利用できるところが魅力です。自社で営業支援の体制を構築するには非常に時間とお金がかかりますが、アウトソーシングのサービスを利用することでこなれた営業支援プロセスの上に自社の営業プロセスを載せることで、コストパフォーマンスに優れた営業体制が確立できるのです。 しかし、アウトソーシングにおいては、独自の営業プロセスを持つ企業にとってはそのプロセスを変えないと適合しない部分も生じるため、入念な分析を行ったうえでの導入を行わないと、逆に管理負荷が増大する危険があるので、注意をしなければなりません。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る