本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援のテレアポを行うなら質問も吟味して

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援のテレアポを行うなら質問も吟味して

営業支援のテレアポを行うなら質問も吟味して

営業マンに営業に専念してもらうのであれば、やはり営業支援としてテレアポを行って企業にアポイントを取っておくとそれだけでも非常に楽になります。その為、アルバイトなどを使ったりして事前に電話をひたすらかけるという作業を行います。実際にやってみれば分かりますが、意外に電話をかけるだけだから楽だろうと思うかもしれませんが、アポを取るということを目標にするとこれがかなり難しいのです。100本かけて1件取れればいいぐらいという世界ですから、しっかりと気合を入れないと人によっては途中で心が折れてしまったりするぐらいです。

これからお客さんになってくれるであろう人や会社に電話をかけるのがテレアポですが、何とか電話が繋がっても話を聞いてもらう前に電話を切られてしまう事もしばしばです。営業支援のために行っているものの、実を結ばないのはとてもつらいものです。かけられた相手の心理は概ね何かを売りつけられるのか、自分にとって不都合な事をされそうだという警戒心で一杯になっています。その為、話し方や質問の選び方を工夫して会話を続けていかなくてはいけません。

テレアポでしなくてはいけないことは、自分が商品説明をするのではなくて、その説明をする機会を営業支援として取り付けていくことです。質問などもどうしようかと悩みますが、相手に興味を持たせるようなフレーズなどを盛り込んで都合のいい日はどうかと訊ねていくようにしてみて下さい。意見を聞きたい、他社との比較に使ってくださいというようなちょっとしたことでもいいので興味を持って貰えれば会う機会も作る事が出来ます。話をする機会が出来れば後は営業マンが頑張ってくれるだけですので、アポがあるというだけで十分な営業支援となるのです。

電話は声だけですから、テレアポの難しさもやってみれば誰もが実感する事でしょう。それでも営業支援の一環として行われるのですから、手を抜くわけには行きません。顔は見えませんが一つの接客として、お客さんを丁寧に歓待するつもりで話をしてみるようにしましょう。時には自分が話すだけでなく、お客さんからの質問もあるでしょう。その時にはすぐに答えられる事は素早く答えて、きちんとした回答が必要な時には営業マンに代わって応対をしてもらうという事もあります。テレアポに抱くイメージは人それぞれですが、最終目標としてはお客さんからイエスという言葉をもらってアポを取ることなのだと忘れないようにしましょう。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る