本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援の目的は利益を上げることです

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援の目的は利益を上げることです

営業支援の目的は利益を上げることです

営業マンは自社の商品を取り扱ってくれるところを見つけています。問屋さんや小売業さんです。営業マンは会社で営業支援の勉強をし、利益を上げることが目的ですので、日夜営業支援のもとで勉強をしています。
商品を取り扱ってくれる基本的な考え方はどこも同じであり、例えば月日、天候、顧客の動向、今日の社会性に適合しているかどを勘案しています。それらを総合的に判断かつ検討していきながら商品の売れすじ状況をみていきますので、いわゆる1つのかけでもあります。よほどのことがないかぎり大きな失敗はないです。かりに失敗しても、その失敗が他の商品をアピールするときの教訓になっていきます。営業支援はそんなところまで介在してきますので、失敗を恐れて仕事を続けていくほうがもっと怖いのです。営業支援のアドバイスがいろいろあるからこそ、仕事に対してのモチベーションが上がり、仕事への情熱が覚めにくくなります。
小さな会社には営業支援という概念をもっているところが少ないですので、同僚や仲間などによる意見交換がたいへん役に立ちます。とにかく商品を売り、利益を得ることが目的ですので、利益目的という概念が崩れることはないです。ただし民間企業ではない、行政機関の場合には、目的よりも研究が優先されていますので、営業支援という考え方はないですし、研究という分野に打ちこめることができますので、ノルマの多い民間からすると気持ち的にもだいぶ楽なのかもしれません。研究といっても商品自体の質を高めることなのか、顧客動向なのか、海外との共同によるものなのかなどいろいろあります。とにかくその商品を人々が扱うといった立場で考えるこのできるような研究であることには間違いないです。
日本は海外に比べていろいろな分野における研究自体はトップクラスを歩んでおり、特許数もアメリカやフランスに次ぐ第3位です。また日本の商品が多くの国々で広く使われていることから日本商品は価値あるものであります。研究も進んでいますので、近い将来第1位に属してもなんら問題ないくらいです。それは今までの先輩たちが培ってきたからこそ今の素晴らしい日本の技術があるわけであり、海外に評価されてきた証拠でもあるのです。いろいろな日本の製品がたいへん評価されつつ、海外からの研究者が日本の技術を学びたいとやってきていることも日本製品がいかに素晴らしいんかがわかります。
研究や目的などすべてにおいて今後も順調に進んでいくかのように考えます。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る