本社:03-6274-8081 支社:06-6377-0395 【受付時間】9:30~18:30(土日祝を除く)

無料体験版受付中

営業支援の管理者は営業の一日の予定把握すべき

SFAに関連した豆知識・コラムのページです。
SFA検討の際に、ぜひご参考くださいませ。

営業支援ツール ネクストSFA > コラム > 営業支援の管理者は営業の一日の予定把握すべき

営業支援の管理者は営業の一日の予定把握すべき

営業を伸ばさないと売り上げも伸びないので、業績も好転しないのは当然です。営業支援は企業にとって重要な課題です。いままで一般的な営業の風景として、ホワイトボードに名前が書いてあり、そのところにAは一日営業で3社予定などと抽象的なことで記載があり、本当に営業してかどうか定かでなく、営業報告も帰社後に走り書き程度のメモとしたら、果たしてこのようなアナログ的が営業が効果があるのか疑問です。もっとリアルタイムで営業の一日の営業予定の工程の管理が必要と思われます。

ではこうした課題にこたえるものは何かと言いますと、それはクラウドを使用した営業支援のツールが最適です。この営業支援のツールは、携帯端末を使用して、営業過程の内容をきまった項目に入力するだけで、リアルタイムに報告でき、いままでメールなどでのダラダラした作成するのに時間がかかるものでなく、定型なので時間ロスにもならず、わずかな時間で入力でき、営業マンは営業に専念する時間が増えるだけでなく、管理者もリアルタイムで営業の進捗状況がわかり、営業マンの一日の活動様子が詳細にわかり、管理者として営業指示もしやすくなります。営業マンを無駄に遊ばせることなく、効率よく働かせて、取引先などで得た情報を素早く全営業マンに周知でき、その情報に基づいて、即座に管理者は営業の企画や方向性の変更をかけることも可能です。

営業マンをうまく活用していく営業支援としてマネジメントは必要です。そのため営業支援ツールは欠かせないものでこのシステムを利用することで営業マンの一日の無駄に終わらせないことが重要です。無論現場営業マンを管理し過ぎて、裁量を全く奪うものであってはなりませんが、このツールのいいところは、報告がわずか2,3分で入力できるので決してがんじがらめなものでなく、営業マンの自己判断のみで動くことが難しいとき、管理者の指示が重要な場合もあるのでこのシステムを使った情報構築は有効です。

このように営業支援ツールを用いて、営業報告を負担なく絶えず行うことで情報を収集して、すべての営業マンの一日の予定をしっかり管理することが、営業での利益の成果の固定になり、利益がどれくらい上がるか、営業成果として商談成立がどこまでなるかの予測もつきすいので、以前のアナログ的な営業はいかに成果が乏しく、無駄に営業を働かせいたことに気付くことになりますので営業支援においては、ITを使ってシステマティックに行うべきです。

次の記事へ
ページ先頭へ戻る